iPhone 3Gは要るか要らないかを試されるアイテムかも

いろいろな報道とかブログとかを見ていてふと思ったんだけれど。
Appleって会社はユーザーの現在のニーズはたいして見ていないんじゃないかなあと。
そうじゃなくて、こういうのがありますよ要りませんか? みたいに、消費者の欲求を無理矢理掘り起こすというか。
消費者の問題への解決策、じゃなくて。


Macがそもそもそういうたぐいの製品だった。出発点から。


なんというか、消費者をユーザに染め変えるのが、Appleは結構うまい。今更思い知ったんだけれど。


喉が渇いたならポカリスエットをどうぞ的な発想じゃないんだろうなあ。そっちも重要な売り方なんだけれど。


解決ではなく、提案。


コレが最高だみたいな物を持ち出してくるというかね。
信念がある商品はよくも悪くも強さがあるから。