紫堂恭子先生の新作が辺境警備のほぼ本編だった件?

ただの平民が女帝にならざるを得なくなる話、というのは色々ありますが……それを辺境警備と同じ世界で展開するとこうなりますのですね。
さすがの世界観の太さ。
馴染みの世界を外から見れば新しい展開が起きてくる。
この伝統感は、やっぱりレジェンドな名作の続編ならではです。
初巻はその「あの辺境の外の世界」の部分をやりましたが、誰が味方か分からない緊張をはらみつつも、いよいよあのルウムとも話がつながってきました。
そして、ガチに仕事中のあの人とかをじっくりと拝めるっ。
考えてみたら、ちゃんと軍人しているところってあんまりみたことなかったなぁ、「彼」について。
とんでもない役で出てきましたが、登場のコマはマジマジと見つめてしまいました。
仕事中はイケオジなんだなー。これならあの神殿職員のお方には叱り飛ばされなくて済むのではないかなー。でも、いつもこうしてるわけにはいかないのかー。
ちょいとあのツンデレ呪術師様も顔をお出しになられましたしね。
微妙にネタバレを避けつつ書くとこんな感じになってしまいましたが。
読み終えた今、もうすでに次巻が読みたいという!
やっぱり骨太なファンタジーは面白い。外伝とか言ってますが今までの世界の外側の話って意味での外伝で、話の厚みはほぼ本編なんじゃないかと思いますね。
最高の作品を読めている実感。次も本当に楽しみです。

目的外利用もいい加減にして欲しいが、問題はそこだけじゃない

今どきの鉄道車内は当然禁煙なのに、やけに堂々とタバコを吸って…。ライターのオイルなら確かに着火できるけど。
自分が死刑になりたいから他人を巻き込んでもいいとか。身勝手にもほどがある。
っていうか。
当たり前の話だけれど。
ライターのオイルは鉄道火災を起こすための物じゃないし。
死刑制度も、絶望したヒトを合法的に処刑するための物じゃない。あれは犯罪を抑止するための法律であって、社会に絶望したヒトの自殺のためのものでは無い。
彼に何があったのかは知らないけれど、身勝手にもほどがある。
そんな身勝手で京王線の平穏を破壊したことに自分は怒ってる。八王子からの帰りに安心して寝られないじゃないか。
犯行を考え始めたのが6月頃? こういうことをする前に、誰にも……それこそ、匿名で相談できるような場所でもいいのに、誰にも言えなかったのかなと。
コロナで色んなことが閉塞した。けど、少なくとも、そういう方向に走ったら、ますます状況は悪くなる。
自分だけが絶望しているように見えて仕方ないんだろうな。みんなそれぞれにツラいことを抱えているし、簡単に生きられないし簡単に死ねない社会でもあるし。
でもともかく、やり方を間違えている。死刑制度は社会的な自殺のためのものでは断じてないし、このために余計に税金が使われることになるし。巻き込まれた人たち、現場になった京王線、および京王線ユーザーにもとんでもない迷惑だし。これでライターオイルの入手に規制が入ったら困るヒトも出てくるだろうと思うし。京アニ事件の後、ガソリンの携行缶への給油であったみたいに。
こういう事件を起こせば規制がひどくなる。そして事件と関係ないヒトやリソースがとばっちりを食わされ、社会から自由がなくなっていく。
こうした抑圧が行き着く先は対外戦争とかになったりするんだから恐ろしい。第二次世界大戦の伏線は不況にあった。社会から余裕がなくなったことを対外戦争ということに目を逸らさせてしのごうとした側面は確かにあったんじゃ無いかと。
この繰り返し、何とかならないものかな。
本当の敵は身内に、自分達にある。そこをみとめないと、どうにもならない気がする。ヒトは自分が悪いとはなかなか認めたがらない物だけれど。
それから、もうひとつ。
今回、鉄道車内の非常用ドアコックと駅のホームドアと、2つの安全対策システムがうまくそろわず、窓からの脱出になってしまった。
片側だけなら優れた安全対策システムだ。
鉄道車内で何かあったときに、乗客判断でドアを開けられること。
ホームドアによって、酔っ払いや不注意や急な体調不良、自殺、目が見えない人等によるレールへの落下を防ぐことができること。
本件でホームドアを忌避するような世論が醸成されないか心配だ。
ドアコックに規制が入るとか、使用不可能にするとかも変なことだし。

また、駅に停車する前に外に出ようとした乗客がドアの非常用のコックを使用し通常の停車位置より2、3メートル手前に電車を止めざるをえなかったということです。

そのため停車位置がずれて駅のホームドアの位置と合わず、車両のドアを開けることができなかったということです。

これは盲点かなと。誰も責められないと思う。犯人以外は。
ただ、犯罪行為による突発火災だったことは脇においても。
鉄道内で急な火災が起きたときに、どうやってそれを把握してどうやって安全に近くの駅に停車させて、ホームドアを開けて避難誘導するのか。
この点については既存の対策では盲点があったということでもあると。
それにしても安全って無料じゃないんだよなぁ。コストを誰かが負担しているし、最低限のルールをみんなが守ることで維持されている。
昔の日本では「水と安全がタダの国」なんて言葉があったくらいだけど。今となってはおごりだよなあ、これ。
ルールを守るには、それなりに教育や生活が保障されてないとまずいのに、今の日本は過去の先輩が積み上げてきたそれらにおごって、社会負担を減らして変な自己責任分をガンガン増やそうとしている。本来、社会負担であるべき部分すらも自己責任にしようとしている。
なのにみんながそういうのに鈍感だから投票率が今回も4割行かなかった。
明らかに歪んでいってるのにな。放置したら大変なことになりそうなのに。
何度も書いてるけど。
与党の政策がいいなら与党に入れればいいし、与党に危機感があったり、野党の方が良かったりするなら野党の方に入れればいい。
私自身の支持政党とは別に、他の人たちの一票は尊重したい。
心配なのは、そういうひとりひとりの決断すら自分なりにでいいのにしようともしないで、他人任せにするヒトが7割近くもいること。
大事なことを他人任せにする無責任な大人が多いから、この国はこんなに歪んで、おかしなことになってるんじゃないか。
自分の絶望を死刑制度っていう形で他人に処理してもらおうとかいう、おかしなヒトだって現れるんじゃないか。
京王線で起きたことと少しは上がったけど依然として低い投票率には、うっすらとつながりがあるように見えている。
自分のことは自分なりにちゃんとする。
でも、人に頼るべきところはちゃんと頼る。そこは恥ずかしくない。
虫歯になったら歯医者さんに行くのがおかしいなんて、誰も言わないのと同じこと。
むしろ気がついたときにちゃんと治して、その後は定期クリーニングをお勧めしたいくらいだが。ともかく。
今の世相は自他のバランスがブチ壊れている。いろいろおかしい。
ただ、生きるのがつらいのが普通って、みんな思っているんじゃないかとは思う。自分だけがつらいわけじゃない。
変で暴力的な方向に行く前に、彼自身ができることはあったんじゃないだろうか。
あと、彼を知っている人たちのショックは計り知れないと思う。ご家族、ご友人、お知り合い、もし何かで働いていたら同僚さんや上司の方とか、顧客とか。
こういう方々を変な方向に責めたり、マスコミが追いかけ回したりするのは止めて欲しい。ただでさえショックなはずだから。
そういうのを含めて、色んな歪みが透けて見えた気がする。すごく生きづらい時代だけれど、なんとかやっていくしかないんだろうな。

京王線は今朝は平常通り……。

京王線は、あれだけの事件にも関わらす今朝からは平常通り運転されているようです。現場の方々はやっぱりすごいです。

事件の詳報が上がっていました。

  • 犯人が車内にまいたのはライターのオイル。
  • この車両には防犯カメラがなかった。車内通報ではリアルタイムでの詳細がわからず。
  • 非常通報装置が使われたから次の駅となる国領駅で停車。
  • ドアコックが使われたことでホームドアとはかなりずれた位置に止めざるを得なくなってしまい、窓からの脱出となったと。

当初、ガソリンとか言われていましたがライターのオイルだったようです。いずれにせよ危険ですし電車でバラまくなんてもってのほかですけど。そんな放火犯が刃物すら持ってヒトを刺しているとは流石に伝わらず。テロ対策がいろいろされていても、情報が伝わらなければ正しい対策は難しい。
京王線の車両にも防犯カメラが少しずつ配備されているようですが、未配備の車両もまだあるでしょうね。
それでも異常事態であるとは伝わり、次の駅の国領で停車。それがホームドアが低い駅だったのはたまたまだったのかもしれないですね、この様子だと。
あと、特急を国領に停めるってのは本当にあり得ない。車内で異常事態が発生したのはおそらく調布を出た後、布田を通過するくらいとなりますが、特急では調布駅の次は明大前駅。けっこう長い間、止まらないんですよね。調布のあとは、布田、国領、柴崎…と、11駅も飛ばしていきますから。まずあり得ない。
それに、ここいらへんの駅って再開発でトンネル化が進んでいたような。状況が状況だったら、火災が起きて凶悪犯が居るままで駅間のトンネルで閉じ込めに……。こんな中で、国領駅で停められて、窓からとはいえ避難できたのは不幸中の幸いだったといえるかもしれません。
こうした事態で停車位置がずれたことは、ほかの路線各社にも大いに参考になるかと思います。
東京メトロ南北線のように、ホームドア前提の設計の路線とかもあります。あと、地下やトンネルではなく、都営三田線の北西部のように、高架された橋梁を延々と走る場合もまた違ってくるでしょうし。
それにしても、ナイフの使用や着火をいとわない凶悪犯が私鉄に乗ってくるなんて。小田急でもナイフ事件がありましたが……。
報道で地下鉄サリン事件を思いだしてしまいましたが、あの時は洗脳され組織化された団体だった。今は、深い絶望を抱えた個人がそれをやってしまう。そんなのは予測のしようがありません。私鉄で手荷物検査なんかできるわけないですし。やったところで実効性は少ない。全車両に鉄道警察や警備員を配備とかも現実的ではない。
コロナからの脱却が見え始めた今、鉄道にお客さんがだいぶ戻ってきました。平日朝のラッシュ時ではなかったのは不幸中の幸い。単に絶望を抱えた人の犯行だったからそこまで考えていなかったっぽくてまだしも、テロ目的ならばそうしたタイミングを狙ってくるでしょう。地下鉄サリン事件はそうでした。改めて恐ろしさを感じます。
ダイアグラム上の平常運転とは別に、乗客の心理上は平常運転とはいかないかもしれません。こうした社会不安から鉄道乗車時のいざこざが増えそうでそれが怖いと思います。
乗客としては、鉄道各社で公開している安全対策情報を見ておく位なものです。

どうか、ご安全に。

夜7時とか8時頃に京王八王子発の特急新宿行き、とか

京王線の、京王八王子駅発、新宿行の特急、日曜日の夜20時台……。
八王子に用事があって稀に使うことがあります。コロナで順延になってる、大学OG会の作品展関連が多いかな。
なので。先ほど国領駅に緊急停車した京王線で起きていた放火および傷害事件は、本当に怖いと思いました。

いつもであれば、この時間の休日の京王八王子駅発の特急・準特急は本当に平和な車内です。
私自身、作品展の帰りでは疲れて寝てしまうことがよくあります。それでも荷物を取られるとかの変な目に遭ったことは一度もありませんでした。本当に平和で安全な路線です。
なので、乗客の方々がいかにパニックになられたのか。想像するだにあまりあります。
鉄道の座席は難燃性の素材でできているはずですが、現場を撮った映像では爆発的な燃え方をしていました。一部の報道で、ガソリンのような物をまいたというのもありましたが、そういうことをしたらさすがの難燃性の素材でももたないのかもしれません。
避難について。車両ドアやホームドアが緊急時に開けられなかったのか、窓から逃げていたようですが。
京王線のも見た記憶があるのですが、たいていの鉄道車両のドアは、非常用ドアコックなどで車内から手動で開けられるようになっているはずです。
それと、ホームドアも手動で開けられるようになっているはずです。
ホームドアの非常用のボタンの説明はこちらに載ってました。

後学のために。
もっとも、今回の場合は電車のドアとホームドアの位置が大幅にずれていて、停車位置を直すよりも窓から避難し始めてしまったようなので。多分、駅員さんの指示であればあの逃げ方はしないと思うのです。乗客の皆さんの判断だったんじゃないかと。それと、仮に電車のドアを手動で開けることを思い出しても、あれだけ位置がずれていたらホームドアのボタンに手が届いたかどうか。開いたドアを通ることができたかどうか。いろいろ検証や報道待ちですね。
それにしても。鉄道でこういう犯罪は本当にやめてもらいたいものです。
それから、これを書いているのは日付が変わって11月1日の0時過ぎなんですが。

19時56分頃、国領駅で車内傷害事件の為、京王線はつつじヶ丘~飛田給・調布~若葉台駅間の上下線で運転を見合せています。
運転再開は0時30分頃の予定です。

https://www.keio.co.jp/unkou/unkou_sp.html
あれだけの事件があって、京王線スタッフさんは誰も悪くないとばっちりなのに。
この夜中にも異常事態に対応して、車両を移動して運行再開させようとしてくれている。頭が下がります。

選挙に行こうぜ-!

期日前投票で選挙に行って来ました。明日の予定がよく分からないのですが、多分朝から出かける「かもしれない」。それくらいな理由でも、期日前投票が出来るようになったの、ホントにありがたし。
で、個人的に選挙のたびに投票率が低いってこっそり泣いてるんですが(泣いてない)。まあ、使ってもらえなかった投票用紙さんが泣いてることはあるかもしれない?
自分は選挙に投票に行かないと、夏休みの宿題を終わってない気分になるんですよねー。
誰に投票しても、どの政党を選んでもいいから、ともかく7割以上の国民が投票したらなんか絶対面白いのになー。これはいつも思ってるのでした。
あと、衆院選となれば、最高裁判所の裁判官さんの国民審査がありますね。詳しくはこちら。NHKでまとめてくれてました。
わかりやすい争点として、一票の格差問題、夫婦別姓問題で比べてみたとのこと。

個人的には。
夫婦別姓は普通に認めていいと思っています。実質、女性だけ損してる。名字が変わることでいろんな手続きがあって、物によってはお金も掛かったりする。実質、男性はそんな手間はいらない。これ、男女平等の観点からして変だなーって。名字を変えてもいい人は変えればいいし、変えたくない人は変えなければいい。変えない自由って、あってもいいんじゃないかなぁ。ラフな感じですけど。
それと、一票の格差は少ないならそれにこしたことないんじゃないかなと。
そういえば。NHKはちゃんと見たい人からだけ受信料を払ってもらうようにすればいいのにってのもありますね。
別に某N党さんを支持しているわけではないんですが、言わんとすることは分かります。
ちなみに、私はわりとNHKの番組は好きな方なので、だからこそこれはハッキリした方が気持ちよく番組を見られるんじゃないかなと。
見たいって言ってくれてる人たちからもらったお金で番組を作ったら、よりクリーンになりませんかねえ。多分、今より収入が減るのがイヤなんだろうなっては推察していますが。
そんなこんなで。
なんにしても。
選挙に行かないってことは、実質的に現与党を無言でなんとなく信任したことになるんですよね。
それでもいいんでしょうか。
与党を信任しているなら、積極的に与党に投票した方が気持ちよく生きて行けるんじゃないでしょうか。
もし現与党がイヤなら、野党に入れればいいんじゃないでしょうか。
判断基準は選挙公報なり、マニフェストなり、あと、支持政党判定サイトなりもありますし、普段見ているニュースとかももちろん材料になると思います。
こういうときに意思表示をしない、選挙権なんかぶん投げて捨てる。そんな消極的な生き方でいいんでしょうかねぇ。
例えば「ベルサイユのばら」を読んでると、選挙権があることの重さがひしひしと。
国民が政治参加の権利を得るために人が死んだ時代があったってこと。これ考えたら、やっぱり私には選挙に行かない選択肢は無いなぁ。
あと、やっぱりもう一つ思うのは。
与党が有利になるルールの上で野党が闘うのはやっぱりフェアじゃないなって。
野球でいえば、与党側だけ初回からタイブレーク権を行使している状態のように思えます。野党が1球も投げないうちからすでに与党側のランナーが得点圏に居るみたいな。
最初から2塁ランナーがいたらそりゃ点を取れますって、普通に。今のシステムってそれくらい野党不利。詳しくはこちら。わかりやすかった。

あと、テレビで選挙特番をやるのはいいのですが、出口調査はあくまでも出口調査、あと事前の票読みとかの調査もいろいろあるんでしょうけど、あの当選確実ってのを開票開始1分で出すの、いい加減やめて欲しいです。あれは大嫌いです。
選挙結果ってそんなに早く知りたいかなぁ。それに、出口調査で当確とか出すのが自分が投票した感じが薄れてイヤです。
選挙結果の番組をやるのはすごく良いことなのですが、投票翌日じゃダメなのかなと。
ともあれ、投票率が上がること、そして選挙システムがもっと与野党ともに、あるいは、世代や居住エリアを問わず、いろいろ平等になって欲しいものです。

ゲーム内のアバン先生は……

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 魂の絆」ダイのソシャゲ。先日からプレイしている。
システムはそこまで悪くないし(古典的ではあるが)、アニメーションも本当によく出来ている。ガチャの当たりが厳しいのは運もあるし、この種のゲームでは期待しちゃいけない、とまあ、個人的には悪くないと思ってはいる……のだが。
原作の大事にして欲しい点が尊重されていないのが気になってきた。
リリースからけっこう経ったのでもうネタバレしてもいいかなと。
(以下、原作終盤の流れに言及するのでネタバレがいやな人は読まないようにしてください)
要するにアバン先生に関する設定が雑過ぎる。
彼をこんな序盤からNPCでなくPC扱いするなら、もっと丁寧に扱わないと原作ファンが怒るって読めなかったのかなぁと。
最終盤参戦の感動とか、本当はこのときしていたこととか、今後のストーリーの整合性とか、ホントどうするつもりなんだろう。
それから、キャラクター性能としても疑問。
アバン先生のレベルを上げていくと、デルムリン島を出た頃の駆け出しのダイとはいえ、だいたい同じレベルでは攻撃力とからかなり近いパラメータになるみたいで。
ハドラー様にぶち当てたアバンストラッシュはダイの方が破壊力が上だった設定はどこへやった?
それから、アバン先生といえば武芸百般。剣はもちろん、槍、爪(牙)、弓、斧に至るまで精通していた。アバン流の極意は武器を選ばない。これは作中でもヒュンケルに言及されているし、昔読んだパーフェクトブックにも書かれていた話。アバン流弓殺法とかがあるらしいと。
なのに、現状では槍すら装備できない!
攻撃力はダイやヒュンケルに、魔力はポップに負けていてもいいが、かつての勇者アバンとして、なんでもそこそこ実用程度にはできる*1キャラクター性能でないとおかしい。すべての武器を装備できるとか。
じゃないと、ストーリーとしても後でヒュンケルが「アバンの書」から槍殺法を学んだくだりに矛盾が出てきてしまう。
杖類が使えないから回復呪文を一切装備できないし、作中でドラゴラムなんかも使っちゃってるのにメラひとつ撃てない。
おまけに、火炎斬りとか使っちゃってるが。ダイの世界では剣と魔法を同時に使えるのは人智を超えた存在であるドラゴンの騎士だけ。いくらアバン先生でも火炎大地斬すら無理なのに。
クロコダインにも斧で火炎斬りみたいなことをする技も出てくるし。
ゲーム上、これらの技を入れておかないと氷属性のボスを倒せないのは分かるんだけれども、設定無視と矛盾がどうにも気になってしまった。
クロコダインとアバン先生の会話などいいシーンもあったが、こういうシーンは終盤でもよかったのではないかと思う。
それから、今のところ、ホイミを一人にしか持たせることができない。そのため、主人公を僧侶にしてマァムと並立させる戦略が事実上とれない。
マルチプレイでのアクセス切れもけっこう起きているし。
そんなこんなで不満も多いのだが。期間限定イベントでレアドロップするとやっぱりうれしいので載せておく。f:id:Yuny:20211024092446p:plain
聖王の剣*2とスキップチケットのレア同時排出。こんなことあるんだ。

*1:マトリフ師が勇者は何でもできるけどなんにもできない。勇者だけの武器は勇気だって言ってましたがどう考えてもアバン先生のことだわな。

*2:星皇剣のことではないんだなこれが……

Siriで「今日の将棋の結果」と検索

スクショは上げないが。iPhoneのsiriで
「今日の将棋の結果」と検索すると、複数のスポーツからどれを知りたいのか選択させられるのを発見した。
将棋は、野球でもバスケでもクリケットでもアメフトでもゴルフでもホッケーでも無いんだけど。「今日の結果」=スポーツの結果、って結びつけられているんだろうか。
ちなみに個人的には、将棋に興味はあんまり無いんだけども。iPhoneでのネット検索の楽な仕方を教えて欲しいってことでやってたら発見。