消費税無意識脱税?

食品は軽減税率8%、外食は贅沢だから10%、イートインは外食だから10%、とかいう謎の税制が始まってはや1か月…。

上記のように、イートインというサービスそのものをやめる店舗が出てきているようです。
コンビニイートインを使う理由って、調理を待つことも、持って帰る暇もないくらい忙しいからではないでしょうか? 少しでも座って食べたいがともかく忙しい。1秒でも惜しい。やることが多い。何でもいいから適当に食べてすぐ出なくては行けない。支払いは電子マネーだからあまり細かくみていない。で、イートインだと言い忘れる。そんな人が、消費税のことなんかわざわざ気にするでしょうか? 思考の隙間にも入らないと思うのですが。
あとで気がついたとしても、レシートがなかったら証明などおそらく事実上不可能です。また、レシートがあっても、こんなことはお店に迷惑。接客とか説明とか仕事を増やさせられるだけ。
少なくとも、決してお店に迷惑をかけたいわけじゃない。消費者が悪いわけじゃないのに謎の罪悪感を背負わされる。結局、次から気をつけるしかないんですが、ただでさえ忙しい人にさらなる心理的負担を増やしてどうするのだろうと。こんなのが積もり積もって、イートイン閉鎖などお店のサービス低下を招く? まったく解せません。他にも色々と混乱を招いているようです。外食だろうと持ち帰りだろうと、消費税は一律8%でスッキリさせた方が、消費が上向きになってかえって税が集まるのでは? 少なくともこの1か月、私はイートインを心理的に利用しづらくなってしまいました。税のシステム不備が、1人の消費者の納税機会損失をさせたことになりますよ。私だけではないと思います。積もり積もればいくらになるのでしょうね。

アカウント情報を盗られないために…

正規の二段階認証を装ってアカウント情報を抜く偽サイトが現れている、らしい。
ただ、こんな報道じゃ何に気をつけるべきか、全然分からないと思う。
もしも何かのwebサービスから「下記リンクから〇〇の手続きをしてください」とかメールが来たら。

  • 明らかに使用していないwebサービスなら無視。
  • こころあたりがある場合でも、そのお知らせのメール本文のURLを直接クリックしない
  • そのサービスの正規のサイトを開く。
  • ログインページへいく。アドレス欄をみてhttpsからはじまる正規のURLであることを確認
  • 正規の方法でログインして、言われた手続きが必要かどうか確認する

という感じで、改めてきちんと正しい方法でログインして確かめる方が安全。
また、こう言ったフィッシング詐欺メールが流されているサービスの場合、注意を告知していることがある。そのサービスの利用者向けお知らせコーナーを見ておくといい。有名サイトで横行している場合、フィッシング詐欺対策専門のサイトで具体例などをお知らせしていることがある(下記)。

……ってあたりの話をNHKさんならちゃんと報道すべきではないかと思う。不安だけ煽って対策を伝えないのは片手落ちだ。
前に、とあるサービスさんを装ったフィッシング詐欺メールが来た時、自分はそのサービスを使ってないからすぐに見破れたが、メール本文はきちんとした日本語だったし、デザインなどはしっかりしていた。そのサービスでのフィッシング詐欺類例を検索したら、本当に送られてくるメールの部分改変だったらしい。見た目で見破るのは難しいと思った。少し前なら、怪しい日本語のメールは疑うだけでよかったが、そんなのんきな時代は終わろうとしているようだ。

音楽映画『マチネの終わりに』を見てきました

毎月1日は映画の日でチケットが安い。やっぱり音楽映画っていいなというのがあり、公開日でもある『マチネの終わりに』を週末の楽しみに観てきました。クラシックギタリストの男性とジャーナリストの女性の恋物語…出来るだけネタバレを控えめに書きます。
年代も作品ジャンルも全然違いますが、『スウィングガールズ』にしろ『ブラス!』にしろ、コンサートシーンが絡む音楽映画って、やっぱり映画館で一度は見ておきたいって思うんですよ。コンサートのお客気分になれるのですよね。音楽映画だとお話もコンサートも楽しめて2倍にお得です。あ、音楽コンサートってチケットが数千円はするので、3、4倍はおトクかもしれない。
で、ただでさえおトク感の強いこのジャンル、今作の主役、クラシックギタリストの蒔野さんはあの福山雅治氏。実のところ、彼のファンというわけじゃなかったんですが…いやぁ、演技がめちゃくちゃ色っぽいっていうんですか。元々、ミュージシャンだしジャンル的にも弦楽器としてのギターは分かるんでしょうけど、普段のジャンルと全然違うはずなので、エンドロールで驚きました。何曲かは彼自身がほんとうに弾いていらっしゃるようで。手タレさんとかじゃなかったんだなぁ。ますます、お得感が…(さっきからしつこい?)
ヒロイン、国際ジャーナリストの小峰さんの石田ゆり子氏もかっこいい女性って感じで、スクリーンを飛び出すような存在感。特にあのテロの最中のエレベーターのシーンは、こちらもハラハラしました。平和って、ほんとうにタダじゃないんですね。これらのシーンで思い出したのが、赤石路代先生のマンガ! 『P.A. プライベート・アクトレス』とか、『市長 遠山京香』などで描かれた、かっこいい闘う女性たち。
そんなオトナな彼と彼女が、ふとしたきっかけで出会い、惹かれあい…。
本作はある程度の社会的成功を掴んだあとの話でもあります。青春映画では、死に物狂いの努力で何かを達成するまで(甲子園で優勝してプロになる、など)がよくテーマになりますが、本作はそのずっとずっと先のことを描いています。ギタリストとして世界的に認められた…その先は? 国際的な取材もこなせるようになったし、フィアンセもいる…この先は? 
人生自体の燃え尽き症候群といいますか、誰も教えてくれない領域に入る怖さ。感性の合う誰かといたいというのは誰にも責められないでしょう。特に今作のシチュエーションは浮気っていうのとも少し違いますし…。
そういう時、仕事をちょっぴり休んでみるもよし。旅に出るもよし、かなと。
ただ、今作では、色々あってせっかく惹かれあえたのに、とある人が思わずしてしまったことをきっかけに、2人は大きくすれ違っていってしまいます。スマホやメール、動画での通話すらできるようになったのに、それでも恋愛にすれ違いってあるんですね。どうなってしまうのかは劇場で。
その劇場の雰囲気ですが、女性が多かったように思います。やはり女性ファンが多いのだそうな福山雅治氏なので…ですかね? しかし、本作は男性にも勧めたいです。目先の成功をおさめるだけが人生ではない、というのかな。色々、考えさせてくれるんじゃないかと。
ヒーローが世界を救うシンプルな作品も嫌いではないですが、こういう静かな感動も、また、よし。
映画って、ほんとうに良い物ですね!

札幌で五輪マラソン&競歩?

来年の五輪マラソン競技を札幌開催にしては? という案が出てきたそうです。
東京五輪 マラソン・競歩の札幌検討 背景にドーハの批判 | NHKニュース
なるほど。
正直なところ、間に合うなら賛成です。
まあ、本当なら日本でやるなら秋開催がベストなんですが、それは色々な問題があってできないわけなので。
この、放送権料やスポンサーの思惑など、五輪とパラを興行として考えた場合に避け得ない問題。五輪の商業化は、もともとは、開催のためにお金が必要でスポンサーや放送権で賄う、ということだったと思うのですが、なんか本末転倒になってしまっている感があります。お金のために開催するような。
同じことは、卓球の水谷選手の目の不調問題にもいえます。デジタルサイネージ広告が卓球などの試合で提示されるようになって久しいですが、そのほか、会場の照明で周りを暗くして卓球台にライトを当てる演出で、ボールが見えづらくなってしまったという話です。
【水谷隼#2】「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
これも、商業化での問題ともいえます。ただ、選手がいなかったら試合もへったくれもないわけなので、選手はもっと守られると良いと思うのです。
ラソンは五輪の花だからこそ、この国の夏で一番走りやすい環境を用意するのが、開催国としてできることではないかと思います。
ただ、本当に札幌になった場合、東京だから行くつもりだった人のチケットリセールは公式に配慮されるべきでしょう。場合によっては他の種目への振替なども検討されても良いかもしれません。

まもるって、こういうことだ。

ラグビー日本代表の対スコットランド戦についてですが、そのまえに!
連日、試合が報道されたおかげで、ラグビーの点数の感覚がなんとなくわかってきました。
トライとそのあとのゴールに成功することで合計7点入るのと、このレベルの人たちがこのゴールを外すことがどうやら少ないようであるため、サッカーの感覚でザックリと点を捉えようとするなら、点数を7で割ればいいんですね。
他にも点が入る機会はあと2パターンあるようですが、いちばん多く狙われる得点機会は、やはりトライとゴールのようなので、あくまでも感覚としては。

というわけで本題。ベスト8をかけた試合は見ていても熱かった。選手の皆様も、現地やテレビで応援されました皆様も、本当に報われたのではないかと思います。
結果としては、28対21、先程の考え方でサッカーに換算すると4対3。しかも、相手は 強豪スコットランド。サッカーでいうなら、スペイン、フランス、イタリアとかブラジルあたりのチームに奮戦し、守りきって1点差で勝った、みたいな感じでしょうか?
最後の数分間は、全員でまもるっていうことは、たとえばこういうことなのだ、と、体現しているようでした。世界クラスの相手からの最後の最後まであきらめないガチな攻撃を、全員でまさに食らいついて食らいついて食らいついて守り抜いた。
私はワールドカップ前はラグビーのルールも知らなかったのに、気がつけば「走れ!」「にげろー!」「守れ、守ってくれー!」「まだ! まだ行けるって!」などと、声を上げている自分がいました。なんとなく流れくらいは分かってきたのです。
自分が前に行けないなら仲間に託そう。
仲間が前に行けないならバックアップしよう。
カラダが小さくても、きっとできることがある!
そして何より。
試合に出ているみなさん、何かしら、テーピングをしていたのが印象的でした。もちろん、それは怪我とは限りませんが、満身創痍でも立ち向かうんだという覚悟が伝わってくるようでした。
台風が日本列島にとんでもないキズあとを残していった翌日にこの勝利。
ただの一勝ではありませんね。

『あれから』(歌唱:AI美空ひばり)をもう少し良くするには?

あんまり衝撃的だったんで、『AI美空ひばり』の番組を、あれから何度も録画からリピートプレイしてみました。
とりあえず、もしも音楽にも『不気味の谷』があるとすれば、そのレベルを超えかけているのは確かなように思います。
ただ、AI美空ひばりの表現エンジンには、まだ入っていないんじゃないかな、という要素を感じまして。
それは、歌詞解析です。音としての歌詞ではなく、意味としての歌詞です。
語りのパートで、「頑張って」というところがありましたが、その『が』の発音が柔らかかったので、音としての日本語発音をひばりさんらしくする、という意味では良い感じになってきていますね。
しかし、もっと強く『が』を入れる発音もあります。『頑張って』とは、人を励ます言葉なので。それを、機械的にアクセント記号を入れるのではなく、『がんばって』の『が』だから、「ひばりさんらしい柔らかさの中でも強く言う」とか、判断できるようになったとしたら。
それから、いわゆる歌詞の1番と2番でのニュアンスの違い。同じメロディですが、歌詞を音だけではなく意味的に解釈して、あるいは、楽曲構成を考えてとかでニュアンスの違いをもっと出す。プロの歌手ならこれくらい誰でもやっているかなと。
さらにそれから、ブレス。息継ぎです。もちろん、AI歌唱には起きえないことですが、人間って呼吸をしないと歌えません。息継ぎは歌のマイナス要素ではありません。息継ぎをするからできる歌唱もあります。自分は吹奏楽をやってるのでブレスで出す表現についても自分なりに学びましたが、管楽器ではなく歌唱であれば、もっとこの辺りも大事なんじゃないかと。どの歌詞のあたりでブレスをするのが人間としてひばりさんとして自然であり、より歌が生きるのか。この辺りの研究も必要かもしれません。
とはいえ……このレベルまで来られたか、というのは本当にそうです。かつて、ボーカロイド小林幸子さんにも驚いたのですが。幸子さんの歌い方を誰でも再現できるエンジン搭載っていう。AIはさらに深いレベルに進めそうです。
さらに、AI歌唱ならではの使い方を1つ思いついていて。それは、ひばりさん+ひばりさんのデュオ、あるいはトリオ。はたまたカルテット。つまり、多重唱です。流石にこれは倫理的な意味とかでどうなんだろうと、書きながら自分でも思うのですけど、やれない話ではないのでは。
ともあれ、今はまだ過去の歌パターンから新しい歌に当てはめているようなところがあるみたいですが、歌を言葉と音の動きとして人間同様に解釈し、人間美空ひばりの膨大な経験値を元に、新曲についても自分なりの表現を目指すようになったら、本当にクリエイターとしての歌手になってしまいそうに思います。クリエイターって、過去を参考にし、クライアントのオーダーも聞きつつも、結局は自分なりにやるからクリエイターなのです。そのレベルの『AI美空ひばり』(歌唱)や『AI秋元康』(作詞と企画)、『AI船村徹』(作曲)みたいなものが開発され、リンクして一緒にクリエイター活動を始めたら…。
怖いような、ワクワクするような。

音楽AIの可能性と、危惧されること

午前中に書いたエントリの続き。
例の、AI美空ひばりによる歌唱をどう捉えたら良いかについて、狭い見識ながらも考えてみたいと思います。
今回の作品は、歌詞は秋元康氏、衣装は森英恵氏、振付は天童よしみ氏など、ひばりさんを知り尽くした演出家たちによるものでした。
また、それこそ人生をひばりさんと生きてきたファンの中のファンの皆さまによる事前鑑賞の機会もあり、かなりのダメ出しを受けたようです。
その意味ではかなり人の手を掛けたAIと言えます。この令和時代にひばりさんが天から帰ってきてくださったら、こんな歌を歌ってほしい…という、ファンの熱意が生んだものだといえるのです。私はその点について、不思議な感動を覚えたのかもしれません。半分、二次創作のような……。
ファンの皆様がひばりさんに再会できた、あの頃を思い出せた、元気が出た、というなら、それはそれでスタッフの皆様が報われたことでしょう。こうした感動には嘘はなく、今回の企画は故人アーティストに触れるための一つの方法として、豊かな可能性を示したと私も考えています。今まで美空ひばりさんを知らなかったけれども、AIでこれほどすごいなら本物はどれだけの方だったのだ、というような感動をした人もいたようです。ソースは失念しましたがツイッターか何かだったかと。
今回は好評だったようですが…しかし。
秋元康氏をはじめとした各氏の仕事や、さらに作編曲、プロモーションすらもAI化し、楽曲自体やPV制作、楽曲にまつわる物語すらも完全に機械だけで行うことができるようになったとしたら。その楽曲に感動することは出来るのでしょうか。
また、感動する、しないは置いておいても…。
今回のようなAIによって曲をアルバム1本分、10曲くらい制作し、『美空ひばりが秘密に制作していた音源!』とか言って売り出されたら。
つまり、平たくいうと音楽の詐欺です。このレベルは流石に犯罪でしょうが、買ってしまう人はいるのではないかなと。
実際、何も知らずにあのAI音源の一部を聴いたら、ひばりさんの新曲だとか自分には未知の曲だとか思ってしまっても不思議はなさそうでした。彼女の作品はとても多いので、私は全部を聴いたり覚えたりしたことはないのです。たぶん、私は騙されてしまうでしょう。
こうしたことで人を感性的に騙す方向でAIが使われないように、なんらかの規制が必要ではないかと心配になります。ただ、規制をすれば自由な発想での技術開発が阻害される心配もありますけれども。