依存症対策啓発漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』

最近、お酒や薬物などの依存症で芸能人が事件を起こしてしまうことが、たてつづけにあった。
その問題を受けてか、はてなブックマーク経由で下記の作品が多く読まれたようだ。

掲載サイトは厚生労働省

無料で全編読める。
依存症対策の啓発の読み物では、薬物などをやってしまったらその後が大変だ、などと、リスクで脅すようなものはよくみる。しかしそれでは患者さんは救えない。依存症の患者さんやその予備軍、またご家族などの関係者の方々がどうすれば良いか。それこそが大事なことだ。非常に具体的に描かれていて勉強になった。
フィクションだが妙に説得力があるなあと思ったら、どうやら作者さんも様々な依存でご苦労なされたらしい。『番外編』だけで一本の映画並みに話が濃かった。だから、本作の本編は、フィクションだけど本物なんだと思う。
誰でもなにかの依存症になり得る昨今、本人の努力不足や自制心のなさを責めるのでは解決出来ないのだとよくわかった。むしろ、責められたら余計に依存してしまうものかもしれない。
また、依存症によりなんらかの失敗をしても、ギリギリまで手助けはしてはいけない。作中では飲み過ぎた酒の缶を片付けたりとかの事例があったが、命に関わるものでない限り本人に任せる。また、聞いたことはあった自助グループの実際、本人への話し方や接し方など、様々なことがよくわかった。
実際、作中の『夫』氏は、お酒の味や香り、酔い加減などを楽しんでいるとはとても思えず、呑みたく無いのに呑んでいた風にしか見えなかった。呑めば苦しくて仕方ない。でも呑まなければ満たされない。もう、精神や脳や神経の大混乱としか言いようがない。依存症は恐ろしいものだ。満たされるには、そんな自分を認めて一歩目なのだろう。どれほどの覚悟がいることか。
なお、本作は評判が良かったようで書籍化された。

作者さまのTwitterによれば、全編修正されているらしい。

Kindleで読んでいる最中だが、確かに絵柄が親しみやすいだけでなく読みやすくキレイになっているし、未読の展開やコマもある。特に、フリー版になかった第9話以降には驚いているところだ。
またフリー版と同じことを言っているコマでも演出がグレードアップしていて、これがフリーコミックを商業化するということなのか、と、そういう意味でも勉強になった。細かいところでは髪の毛に線が入っているなど、相当細かく修正なさっているなと。
ところで、フリー版でも販売版でも触れられていることだが、自助グループで匿名のもとに本人やご家族などが体験や心境を話すことは、こうした依存症脱却で大事なことのようだ。同じ悩みを持つのはひとりではないというのは孤独感を埋める一助となるし、いろいろな体験談は学びになるのだろう。また、匿名なので言いやすいということもあるかもしれない。脱却し続けることが大事なので、定期的に自助グループに通い続け、発言や振り返りの機会を持つのが大切なようだ。
ただ、ここで、そもそもの本書を読むきっかけになった、とある元芸能人の方の飲酒運転事故を思い出す。
ちょっと知られているレベルではなく、誰でも知っている国民的な人気者レベルになってしまうと、そもそも匿名でいることが難しい。率直に相談できる場が、一般人よりも限られてしまいそうだ。
少し調べてみたが、例えばチャットやオンラインミーティングでの自助グループ参加もできる場合があるようだ。
ただ、そうした場でも、有名人特有の悩みは話しにくいかもしれない。下手に話せば、本人特定がされてしまいそうだ。周りがいくらプライバシーは守ると言っても、自分が特定されることの恐怖心とか、今まで築き上げた自分ブランド崩壊の恐怖など、一般人にはないプレッシャーとも戦わなくてはならないかもしれない。
芸能界で薬物事件で引退後、復帰してまた薬物事件を起こしてしまうことがあるが、そういう意味でも顔が知られていることも原因なのかもしれない。特殊な業界ではその業界のひとならではの支援とか、配慮とかも必要なのかもしれないと思った。
また、そういう有名人でなくても、誰でも依存症にはなり得る。そうしたときに親身になって相談に乗ってくれる人がいたとして、依存症者への正しい対応ができるとは限らない。もちろん、その人を責める訳ではないが、良かれと思って逆効果なことをしてしまうかもしれないのだ。
本書のようなもので知識を得て想像できるようになっておくことは、やはり無駄にはならないだろう。

追記

本作の末尾にて作者さま自身の依存経験が語られている訳だが、カフェイン依存症の体験をWebで描いたら本作の仕事につながったとのこと。なんか聞いたことがあるので作者さまのサイトを見たら、少し前にバズったあの漫画の方だった。合点が行った。こちらも無料で読める。私がカフェイン依存症って怖いとわかった作品だ。こちらも知っていて損はないかと思う。

サイドバーを少し直した

当ブログのサイドバーにIT辞書サイトを載せていたが、旧『パソコン知ったか辞典』こと、NTT-PCの用語辞典がいつのまにか終わっていたこともあり、削除した。
この機会にパソコン用語辞書の必要性について考えさせられているが、『パソコン知ったか辞典』は分かりやすい文章で実によくできていた。ただ、日進月歩な業界のこと、あのテンションとクオリティで更新し続けるのが難しかったのかもしれない。
わかりやすい文章を書く難しさは、サポートの仕事で日々実感しているところだ。あれは、実に素晴らしいサイトであった。

『としまえん』閉園後のことを自分なりに拾ってみた

4連休がひと段落したが。
例の『としまえん』の閉園がいまだに残念で仕方がない。都内近郊の屋外遊戯施設や公園などに人が結構出ていたようなので、としまえんもひと仕事できたと思え、行楽地のニュースにため息をついている。正直、としまえんは閉園している場合ではないのではないか、とすら思った。コロナに比較的強い、貴重な屋外遊園地である。この事態だからこそ、できる仕事がたくさんあったはずなのだ。
ところで、としまえんといえば、FRIDAY digitalにて下記の報道があった。

としまえんの唐突な閉園の印象について語られ、またその後の工事について地元住民の皆様向けの説明会が行われたとのこと。ただ、記事からはどうもハッキリとしたことが分からないような印象を受けた。
とはいえ、東京都が絡む事業なので、こうしたことはある程度はパブリックな情報公開があるだろう。私が調べてみた範囲でまとめてみたい。
東京都の公園事業について話し合う公園審議会というのがあるようで、その資料や議事録はインターネットで見られるようになっている。
今年度の第1回目では、としまえん跡地にできる予定の『練馬城址公園』についても議題になっていたそうだ。

詳しくは上記の議事録や資料を確認していただきたいが、私がポイントと思ったのは下記である。引用ではなく自分の言葉での要約だが。

そして、今年こと令和2年の第2回の審議会でも、練馬城址公園について話し合われたらしい。

まだ議事録はないが、令和2年9月8日に実施されたとのことだ。
とりあえず資料を見てみると、どうやら30年後にできる予定の公園、つまりスタジオツアー閉鎖後の跡地を含んだ公園全体のイメージ図などが載っていた。
さて…。
正直なところ、お客様をおのずから選ぶであろうハリーポッター施設が、乳幼児から高齢者まで楽しめた*1としまえん』ほど人気を集めるとは私には思えない。としまえんが90年を超えたからって、同じ土地で3分の1でも続くだろうか。
また、下記にて、令和2年8月27日から周辺の地域に配られたという資料『としまえん関連施設解体工事ならびに土地利用計画について』の概要が掲載されていた。

上記によると、スタジオツアー施設の概要は、

  • 本体建物 建築面積約30,000㎡。高さ19m、2階建て
  • 立体駐車場(メイン・サブの2棟) 建築面積約8,000㎡。高さ14m、2階建て

とのこと。相当高く、相当広い。
また、令和2年度第1回公園審議会の資料では、本施設は練馬城址公園の一部に作られるという表現になっていたが、実際には今のとしまえんのプール以外のエリアの大半がスタジオツアーに当てられているという大きな矛盾がある。あの広さを一部と言い切ってしまうのは噴飯ものである。また、これだけの施設ができるなら、当然、道路なども相応に造られるはずで、実態としてはやはり一部ではなく、かなり大半となってしまうのではないだろうか。
この建設のために木々が伐採されたり、90年以上かけて育てられたさまざまな自然がなくなってしまう。この状況で水と緑の公園施設に生まれ変わると言えるのだろうか。
スタジオツアー建設に寄り道せず、最初から、第2回公園審議会の資料にあるような全面的な公園施設にするのではダメなのだろうか。
個人的には、上記の資料の公園設備に加えて、木馬の会事務局のあたりの古城や、井戸施設、カルーセル・エルドラドや、ハイドロポリス・流れるプール・波のプールを含めたプール施設などを残してほしいが!(緊急時には近隣の火災を消すための水源などにもなりそうであるし、単純にレジャープールは楽しいので)
それにしても、やはりとしまえんの閉園は唐突であったし、その後の流れも不透明すぎている。そして失ったものが多すぎる。
現場では着工しているのに、パブリックコメントが来年1月予定など、疑問に思わざるを得ないことも多いのだ。着工しているのは現施設の撤去だけなのだろうか? 例えば、既に木を切ったりはしていないのだろうか? 外からではわからない。
この先、東京都や西武鉄道、そしてワーナー社は、都民への説明責任を果たすことができるのであろうか? オープンな話し合いの機会を設けるべきではないだろうか?

*1:端的な例として、今年の夏、私の友人の娘さんが生まれて初めて浮き輪を付けて浮くことがこの地で成功したという事実を書き添えておきたい。また、あじさい園など、アトラクション以外のお散歩コースとしても年代問わず楽しめるようになっていた。同じことは、スタジオツアー施設にできるとはとてもとても思えない。

『林先生の今でしょ!講座』でのフィッシング詐欺対策の疑問点

林修今でしょ!講座』っていう番組を見ているが、今回のテーマのひとつはフィッシング詐欺対策。しかし、間違いではないが個人的にはやらない方が絶対に良いと断言できることがあったので書いておきたい。

番組で、フィッシング詐欺を狙うなんらかのニセモノのメールが届いたときの対策、フィッシングメールの見破り方をやっていたが、これは無理に見破ろうとしない方が良いと思う。
というのも、凝ったフィッシングサイトでは企業名そっくりのURLだったり、httpsだったりすることもありうるのと、ブラウザの鍵アイコンをクリックして企業名を確認するのは初心者には敷居が高いためである。
つまり、イマドキのフィッシング詐欺メールを、素人が見破るのは無理な場合も多い。
実際、数年前に私自身に届いた某クレジットカード会社を騙るメールは、当該ユーザーだったら騙されても無理がないレベルだった。
本物のメールを借用してグラフィックも本物のロゴや背景をつけて作っていたり、自然な日本語だったりする。怪しい日本語だったら偽メールというような見破り方は、今や通じなくなりつつあるのだ。
フィッシング詐欺メール、詐欺サイトの出来にはピンキリあるが、精巧なものは素人が見破るのは無理な状態になりつつあるわけだ。だから、メールやサイトを無理に見破ろうとしないで欲しいと番組では言って欲しかった。
番組では見破り方のあとに、怪しいメールは開かずに、心当たりがあるなら、別途、正しいサイトを開いて確認するように言っていたが、実践上、むしろ情報のウエイトとしてはこちらの方が遥かに大事ではないかと思う。あるべきウエイトが全く逆だった。
見ぬこうとして怪しいところがないからクリックして騙された人が出ても、番組は責任を取れないわけで。こんな中途半端な情報をテレビで流さないで欲しかった。
つまり、まとめると下記が実践的なフィッシング詐欺対策と考えられる。

  • 怪しいメールは開かない。
  • 内容に心当たりがあるメールが届いたとしても、文中のURLやその他の連絡先などはクリックしない。
  • 内容に心当たりがある場合、ブックマークや検索、可能であればURL直打ちなどで、当該の正しいサイトに別途アクセスし、ログインして確認する。面倒でも、騙されたらそれ以上の面倒と金銭被害が待っていることを考えたらはるかに安い。
  • パスワードの使い回しはやめる。例えば、主な文字列を決めておいて、自分なりの法則でサイトごとに文字列を加えたり、パスワード管理ソフトを使って複雑なパスワードを使うなどの方法がある。

せっかくフィッシング詐欺を公共の電波で扱っているのに、この辺りまで言わないのがあまりにも残念すぎた。
ニセメールかどうか、見抜こうとすれば逆に騙されうる。間違いがない情報に辿り着ける確実な方法を使うべきだ。

docomoのドコモ口座不正引き出し問題の件

どうにも気になる下記の件。

このサービス自体は2011年からスタートしていましたが、当初はdocomoのケータイ・スマホユーザーに限っていたのが結果的にセキュリティに寄与していたようです。それでも2019年5月にりそな銀行との紐付けで似たような事件が起きていて。それにはそれなりの対策を取られたようで、今回の事件とは別の話だとしていますね。今回の件はdocomoユーザー以外でもドコモ口座を開設できるようになったからなので。
また、本件が起きたあとも、メルアドだけでドコモ口座を作れるシステムは維持している模様でこの点も疑問は残ります。なお、現在では新規口座開設は停止しているみたいですが。

記者会見について続けます。このサービスの狙い目は手数料ビジネスだったらしいです。まあ、それはいいんですが、セキュリティはしっかりしてほしいところですね……。
とくにこれでは頼りないと不安になってしまったのは下記です。
「口座残高など取引履歴を確認していただくしかない。暗証番号や口座にアクセスするために必要な情報を漏らさないことが重要。その点を気を付けていただければ問題ないかと思う。」
現在の技術では、暗証番号が漏れていなくても、ある暗証番号を持つ口座番号を徹底的に検索する攻撃手法が確立されているそうです。

暗証番号の打ち間違いでの再入力には回数制限があることが多いですが「この暗証番号の口座」なら、回数制限なしで探せてしまうとのこと。この点をご存知なのか不安になります。
ともかく、まずは自分の口座の取引履歴の確認がおすすめです。下記は中国銀行の例です。

こちらも参照。

不正引き出しとか怖すぎる

このニュース、あまり騒がれてないのが怖いのですが。自分が理解できたことを書いてみます。
何も問題がない場合、銀行の普通の預金口座からお金を引き出すときは、本人がATMに行って、カード(物理的な鍵)と暗証番号(情報的な鍵)を使用することが必要です。
カードを物理的に盗まれても、暗証番号がわからなければお金はおろせません。また、暗証番号が分かっても、カードがなければ同じく。そういう体裁でできた仕組みです。
しかし現在、なんらかの形で銀行口座番号と暗証番号さえわかれば、銀行によっては勝手にお金が盗まれる可能性があると発覚したようです。
具体的には、NTT docomoのサービスである「ドコモ口座」の利用です。
このサービスは、銀行口座からお金を送金し、d払いなどとして電子決済に使えるもののらしい。これだけ聞けば便利そうです。
ただ、本人でなくても、その人の本名、銀行口座番号、暗証番号、適当なメールアドレスさえあれば、ドコモ口座を開設できるとのこと。運転免許証など本人確認ができる証明書は不要らしいです。
物理的な本物の通帳や銀行カード、印鑑などは不要。情報だけで本人の意図しない裏口が開けてしまう。
そして犯人は不正な送金額からd払いなどを利用。
というわけで、とりあえず消費者としてできることは、ATMに行って通帳に最近の利用状況を印刷して、不正利用がないか確かめること。今のところいくつかの地方銀行で被害が確認されているようですが、銀行の規模や地銀、都市銀行の別なく、念のために確認するべきことは確認した方が良さそうです。
もし、不正引き出しであれば、多分銀行側が保険適用で何とかしてくれると思いますが、多数の事件が起きたら要らぬ混乱を招きかねないですね。これを心配して預金をとりあえず多めに下ろしておくのは消費者の権利と言えば権利ですが、取り付け騒ぎ(多数の消費者が短期間に集中して多額の預金おろしを行ない、銀行にお金がなくなってしまって起きる様々な混乱)になったら、本人確認が甘いシステムを運用していたdocomoの責任はどうなるんでしょうか。金融システム全体を見渡すとセキュリティホールを作ったとしか思えないのですが。法律的に、この種のサービス開設には本人確認を必要とする、とかの法律はないのでしょうか。
ちなみに、docomoさんの昨日時点での見解は下記の通りですが。

docomoさん自身のサービスに問題があった点はあまり深く言及されていないようです。
今回、狙われたのが地方銀行であったのは下記の記事が参考に。

またdocomo口座と銀行口座の連携の新規登録について、銀行側で停止する対策を進めているようですが。

それから、本件とはまったく別件ですが、クレジットカードの利用状況もついでに確認しておくといいと思います。インターネットでカードを使ったことのある無しに関わらず、直近の明細は見た方が良いです。
いずれにしても身に覚えのない利用があれば、すぐにその銀行(あるいはクレジットカード会社)に相談するべきです。
何にしても怖い時代です。

鉄腕ダッシュのとしまえん虫取り回とハリーポッタースタジオツアーのこと

『鉄腕ダッシュ』で、閉園直前に夜のとしまえんで虫取りして来たという恒例の特集やっていました。
嵐の二宮さんが虫が苦手だから、毎年毎年少しずつ慣らしていこうという、TOKIOさんならではの企画、らしいです。
ともあれ、もう見られない夜のとしまえん。カルーセルが回るところも見られて楽しかったですね。
今回、特別製の虫を寄せる餌を仕掛けたのは、ハイドロポリスの付近と、昆虫館周辺や模型列車のあたりの森だった模様。
特に、昆虫館周辺では二宮さんのカブトムシ触り時間記録を大幅に更新。おめでとうございます!
スタッフさんの胸にカブトムシが張り付いたとか、さもありなんです。あの辺は木が本当にすごい。
都内のローカル遊園地として有名なとしまえんでしたが、ここまで自然が豊かだったという側面に光を当てられたのは、鉄腕ダッシュならでは。
私もこの夏、友人の子供に付き添って昆虫館に行って、改めて森の深さがすごいって実感したので、遊具とかだけやっていた人には実感が少ないかもしれないですね。森って、背景になってしまって、なかなか意識の中に入って来ませんから。
で、番組ではハリーポッターの施設になるとはハッキリ言っていませんでしたが(緑を活かした公園になるとのみ)、報道された通りです。
番組ではタヌキが模型列車のあたりに巣をつくって集団生活していましたが。私の調べた感じとしては、あのあたりは完全に潰される可能性があると思いました。
まず、としまえんの地図は下記にあります。著作権問題があるのでリンクに留めます。

番組での写りから、ハイドロポリスの少し右上(チーズの看板の裏として映ったところ)、昆虫館、5番の模型列車のちょうど列車が描かれたあたりが今回撮影されたスポットらしいです。
タヌキが住んでいたのはおそらく、16番のミステリーゾーンの上、模型列車との間のあたりかも。
で、ちょっと図面としては大雑把なんですが、下記の記事を。読売新聞の6月6日の報道。

今回の鉄腕ダッシュでの撮影エリアで、「スタジオツアー」範囲外なのは、かろうじてハイドロポリス周辺。二ノ宮さんがカブトムシを捕まえた昆虫館周辺や、タヌキの巣、あともちろんスイカ割りをしたカルーセルのあたりは「スタジオツアー」になってしまいます。
(もう少し細かい地図は検索中です。情報の正確さを担保するため、個人ではなく公的な報道で探しているので、なぜかそのレベルだとなかなか出てこなくて。東京都の公式webでも、詳細図が見つからず)
で、気になるのは、スタジオツアーになってしまったら、森が残りそうにないのかどうか。「スタジオツアー」なる施設の先行例がロンドンにあるので見てみます。
中の写真は例えば下記にガイドがありますね。

地理的には下記。

かなり大掛かりですね。USJやディズニーリゾートのように、かなり作り込むようなタイプの施設になるように思います。
航空写真からは今のとしまえんに比べたら緑が少ない印象。南側にかなり広い駐車場がありますね。
このまんまの設計で練馬にくるとは思いませんが、ハリーポッターは世界的なコンテンツなので、道路や駐車場はかなり広めに取る必要があるのは予想できます。建物だけではなく、大型バス対応とかはあるのでは? とすれば、例えばあのタヌキの巣はコンクリートの下になってしまうと思われます。遊園地内、平らな場所なら少しでも面積は欲しいはずで。タヌキがいたのはわりと敷地の中の方でしたし。
北の方のカブトムシのいた森も、どうなってしまうかよくわかりません。例えば、工事の都合とかででも、一度林をどかして再整備して再植林とかで緑を確保、とかされたら、今の自然は無くなってしまうように思います。
どうもあの土地設計の概略図からしたら、としまえんとしては、森としての活用になっていた(自然に任せることで森の風景という最大のアトラクションを作った、と見ることもできる)土地を、スタジオツアーとしてはもっと建物として活用できる土地としてみているのではないか、今回の計画の違和感の正体はこれではないか、という気がしてならないんです。
また、あくまでも練馬城址公園は東京都の施設であるので、東京都でこういう事業をやるならパブコメ募集をやると思うのですが、どうもそういうことはまだしていないっぽいのでいつになるのかも気になります。
実施時期については下記の資料にありました。

上記の「都市計画練馬城址公園の整備計画について(諮問)」の最後のページに、今後の予定として令和3年1月にパブコメ募集の旨が。
これ、めちゃくちゃ遅くありませんか? としまえんはもう閉園してしまいましたのに。閉園していいですか? というパブコメではないという。まあ、としまえん自体は西武鉄道の事業なので、それ自体に意見する機会はそもそも作れないのかもしれないですけど。
それと、別件ですけど、パブコメって聞くとどうしても今年の2月、3月にあった香川県のゲーム規制条例のパブコメでの賛成意見捏造疑惑を思い出してしまいます。
あれはそこまでする動機がよくわかりませんでしたし、捏造自体も技術的にお粗末なものでしたが、条例は決定されてしまいました。
あのとき、パブコメって、あくまで参考意見リサーチで、住民投票ではないって知りました。政策に反映されるかは不透明で、一応民意を聞いたというアリバイつくりなんじゃないかという気もしてしまいました。どこまで民主的に話が進むのか気になります。
今回のハリーポッタースタジオツアー開設はお金儲けの話でもあります。この辺りについては東京都がどこまで介入できるのかも正直、よくわかりません。……何が起きても不思議ではないと思ってしまうのは考えすぎでしょうか。
前回、個人的に振り返ったように、
https://yuny.hatenadiary.com/entry/20200903/1599061561
Withコロナ時代にとしまえんは適した施設のように思うのですよ。残念でなりません。