PK戦は、果たし合い?

先日のワールドカップサッカー。日本代表はクロアチアにPKで残念ながら敗退。
一応、記録上は引き分けでPKのスコアが併記されていますが。
まあ、負けと同じようなものではあるようで。
試合を見ていて、PKって西部劇の決闘とか、時代劇の果たし合いみたいだと思いました。
どちらが先に撃つか、あるいは技を仕掛けるか。どこにスキがあるか。
ちゃんと作品を見たことがないんですけど、『夕日のガンマン』とか、巌流島の決闘とか、なんか、そういうやつ。
クロアチア代表は歴戦のPKの猛者だったようで。何度も報じられていますが。このチーム相手に、PKで勝負してはいけなかった。その前の段階で、1点多くいれていればよかった……。
幸い、日本は漫画王国。映画王国。漫画や映画でも真剣勝負の描写は沢山あります。リアル銃弾、リアルの真剣で勝負するわけにはいきませんが、そういうものでもココロは学べるかと。『るろうに剣心』とか。
キャプテン翼』で、キーパー(兼FW)の若嶋津選手の実家が空手道場で、シーズンオフに新田選手が修練に訪れる描写がありましたが。そういった日本独特の武道からも間合いとかを学べそうに思えました。多分、PKに関しては、若林くんより若嶋津の方が得意なんじゃないかな。FWもやってるから撃つ方の気持ちもわかるだろうし。
昔、野球の桑田選手が、日本古来の剣術を学んで復活したとかいうのも読んだ記憶が。
今の日本代表に足りないのはそういう部分かもしれませんね。
幸い!
サッカー国としては超格上であるドイツやスペインレベルの国と対戦しても、試合自体は何とかしちゃえるくらいのベスト16の常連国にはなりつつありますから、ここからなんだと思うのです。
少し前までは『ワールドカップに出たことがないサッカー後進国』とか言われてたのに(Fromキャプテン翼)、だいぶ進歩したなあと。
でもまだまだ道半ば。
そういうことなんだと思います。
ここから、ここから!
クロアチア代表には優勝してほしいですね。彼ら、次の対戦(日本時間で12/9金曜日24時開始)がブラジル代表相手となりましたけども。

もし日本が、もう少しだけ勝負強く、もう少しだけしぶとかったら出来たかもしれないことを、きっと彼らなら見せてくれそうに思うんです。
せっかく引き分けた対戦国なのですから、これを縁に。
まあ、にわかですけどもね。

金色のエアブラシと、ドンブラコドンブラコ

スプラトゥーン3、大幅更新が入りました。
新しいブキが届いたそうなので、ブキチさんのご説明をよく伺いました。そして、金色のエアブラシ……プロモデラーの新型を調達しました。
実は、サーモンラン以外でナイスダマを撃ったことがなかったんですけど……。
もしかしたらチームメイトの手を一瞬止めてしまう(慣れていない方の場合)可能性もあります。が、協力してもらえれば、各自のスペシャルが少し早く撃てるようになります。それから、サメライドの突進力はありませんが、いったんは空中に逃げられるのも追い詰められた時のメリットかもしれません。
ボムも時々見かけた噴水状のあれ。たしかになにかと厄介でしたね。
そして、延々と撃ち慣れたエアブラシ。塗ってよし、牽制してよし、機動力を妨げない。
破壊力こそありませんが、キルだけがスプラトゥーンのすべてではないので。最近では相手をキルすることのデメリットもわかってきました。むしろ自分を囮に追いかけ回してもらったり、とりあえず追い払ったりする方がメリットが大きいシーンも多いのですよ。あと心理的にあんまりキルが好きじゃないのもあって。
今の自分にはいい組み合わせのブキができました。
あとはナイスダマに慣れることですね。さんぽですこし練習してみましたが、コースの外に撃ったらやっぱり意味が無いんですね、これ。大事な一撃、落ち着いてやりたいものです。
それから。
サーモンランは新コースの「ドンブラコ」‥‥桃太郎???? あれ、一寸法師でしたっけ。
ともかく。
エレベーターをどう使うか。
上の階層では壁が少ないのでどう逃げるか(特に満潮時)。
干潮の時も、意外に行動範囲は狭くなりがちで考えないといけない。
そんな感じの立体感あるコースです。
最初はどこがどうなっているやらでしたが、少しはわかってきたかも。エレベーターに金イクラを乗せてまとめて上に運ぶ場面もあるようなので、誤射には注意が必要。
逆方向に撃つなというか。
あと船の下の通路も、ショートカットに使える反面、追い詰められたりもしがち。上層のネット部分で間違ってイカになってしまい、何度も落ちていたり、逆にそれで逃げられたりもしていますが。
立体感がある分、バイト仲間がどこでヘルプしているかわかりにくく、カメラ視野も狭くなりがちなので、イカに距離感を確保するか。
他に比べても注意ポイントの多いコースになっているようです。
ともかく、まずは慣れることから!

「自国からトップの選手が出れば……」

男子サッカーワールドカップ2022。
本田圭佑さんのAbema中継での解説が親しみやすくて面白いと評判ですが。

ってな感じで「ワールドカップ盛り上がるよ」とのこと。
これ、よく考えてみたら本当に深いなぁと。
今大会の始まる前の空気感を思い出すと。
グループリーグでドイツ、スペインとぶつかることとか。
日本代表はもうひとつ調子が上がらないというか。代表選手選考でも(これは毎度ではありますが)どうして○○選手は入れないんだ! みたいなブーイングがあったり。
海外でも、カタールの会場整備でさまざまな問題が起きていたこと。人権や生存権に関わるような。……あまり明るい感じがなかったんですよね。
それが、結果を出せばこの空気。この盛り上がり。
個人的に驚いたのが。
地元のローカル駅で通勤電車に乗ろうとしたら、仲の良さそうなサラリーマン風のおじさま2人とすれ違い、サッカーの話をしていたことです。
昔読んだ漫画(たしか「エースをねらえ!」だったかな)で。主人公が「見上げるような大きな山になりなさい」と激励されるシーンがあったのを思い出しました。後に国際大会で大きな結果を残して日本へ凱旋した時の歓迎ぶりで「自国からトップの選手が出れば、こんなにも違う。このことをおっしゃっていたんだ」と実感した、という(うろ覚えですが)。多分、読んだことがある人ならわかるかも。
見上げるような、次の世代からの大きな目標になるような、そして、一般の方々が応援したくなるような、大きくて高くて尊い山のようなチームが現れれば。
これだけ空気が変わるのだなと。
試合の映像を見てみると、今までの日本代表なら、ここにフィニッシュの選手がいない…! とか。このクロスが通らない…! とか。そうなっていたようなシーンで、ラストパスを受けてくれる人がいる。あるいは、外れたボールをフォローしてセカンドチャンスを作ってくれる人がいる。
二の矢、三の矢になれる選手が本当に沢山いる。そんなことが増えました。つまり、ボールを持っていない時に次の瞬間をどう予知して動くか。非常に高度なサッカーです。
あとは運もあります。
スペイン戦の決勝点のクロスは、ゴール脇のライン上から蹴り返したものでした。本当にギリギリでした。ボールが数ミリほど空中で線上に球体の端を残していたからオンラインを認められた。
あと0.001秒でも脚のヒットが遅かったら、ボールはラインを割っていたはず。VARが整備されていなかったら、アウトボールと判定されていたかもしれない。
陸上の短距離走で、写真判定での明暗が分かれることがありますが、サッカーでそのレベルの判定が必要になることがあるんですね。
そんな騒ぎになったのも、すべては結果を出してきたから。
あそこはオレのコースだから絶対に決めてやる!
堂安選手から、そんな強い言葉が出て、それが前向きに報道されるくらい。
そういう人が出てきた。
ゴール前で惜しくも決められない日本代表の姿はもうないのですね。
ドイツ代表には3割、スペイン代表には2割しか日本のボールポゼッションがありませんでした。つまり、カウンターでの勝利。しかも両方とも逆転勝ち。
今までみたいにゴール前で外していたら、もうチャンスはありませんからねぇ。
逆に。相手にとってはやりづらいかも。こんなに、試合時間の7割も8割もボールを持っているのにゴールが遠い。それはがっちり護っているからです。もう嫌になるくらいに。スペイン戦の後半の後半はそういう場面が本当に多かった。
少なくとも、日本の守備は間違いなく世界トップレベルであることは十二分に証明できたでしょう。誰にも文句は言わせません。
さて、さて、さて。
このがっちり守備、素早いカウンター、二の矢、三の矢ある攻撃。
どこまで行けるか……。
てっぺんまで届きうる気もします。
仮にブラジルとやったとしても、そう簡単には今回の日本代表の守備は崩されないかもしれません。ゴールは運もあるのでわかりませんが、守備は相手をきちんと読めばかなりの部分がなんとかなりそうです。
さて、この数週間で築いた大きな山。さらに高くして、日本にサッカーワールドを広げることはできるでしょうか。
そして、世界に。日本のスタイルのサッカー、みんなでがっちり護りつつ、連動カウンターと強い心のフォワードで最後の1ミリまで諦めない攻撃をする、組織力の強い全員サッカーを、世界的に好きになってもらうことはできるでしょうか。ブラジルのサッカーのファンが世界的に多いように。日本代表のスタイルはどうでしょうか。
ともあれ、どこまで行けるか楽しみです。

男子サッカー日本代表、死のグループE通過!

ワールドカップサッカー2022大会、グループリーグE。
こんな大乱戦も珍しいでしょうが、結果的に日本が1位通過しました。
朝4時から応援された方たちのおかげだと思います(今朝は仕事疲れでよく寝てました)。
本当にすごすぎます。同じ大会で同じグループリーグで、2回も優勝経験国に勝てるとは思いませんでしたから。
ともあれ、グループEの結果表は下記。
1:日本 勝ち点6(+1)
2:スペイン 勝ち点4(+6)
3:ドイツ 勝ち点4(+1)
4:コスタリカ 勝ち点3(-8)
出典:「日テレニュース」様
https://news.yahoo.co.jp/articles/4bafaeb258a015ca2e0955f050fd412a15446b91
しかし、直接対決の勝敗だけをみていると、このグループの最強チームがよくわからなくなりますね。
首位の日本に唯一の土をつけたのが最下位のコスタリカ代表です。
一方で、スペイン対ドイツは引き分けでした。
日本には負けたドイツおよびスペインも、コスタリカには勝っています。
しかしそのコスタリカは日本に勝っているわけで。じゃあ日本はというとドイツおよびスペインに勝っていて…………………エンドレス。堂々巡りですね。
得失点差とか、勝てば勝ち点3、引き分けたら1とか。昔からのグループリーグのルールってよくできているなあと感心しきりです。素晴らしい。
ともあれ、サッカーって面白い!
この後も行けるところまで行っちゃいましょ! クロアチア代表も強そうです!

もうすぐ新しいイカタコたちの世界に会える

スプラトゥーン3、超大型更新があるようでして。

Ver.2.0.0とな。
バージョン番号の1桁目が更新されるのは、相当なことである……。長らくMacユーザーしていますからねえ。期待半分、心配半分。
新しいステージ来たる。
新しいギア来たる。
新しいブキ来たる。
そして、必殺のスペシャルウェポンや既存のブキ周りの更新来たる。
Xマッチは……なかなか辿り着けそうにありませんので、たどり着いたその時に。などなど、いやはや、もりだくさん!
個人的に地味にうれしいのは、サメライドを強化していただけることですね。
タイミングさえわかればよけられるし逆襲を受けるしで、なかなか使い所が難しくなってきたので。
これで少しは良くなるかな? って、破壊力が上がったところで、プレイヤーの撃つタイミングがもっと上達しなければどうにもならないでしょうけども。
ちなみにサメライド。現状でも少し長い時間作動し続けるスペシャルウェポンの破壊には本当に重宝します。具体的にはカニタンクとスーパーハンコなど。この間、カニタンク2体同時クラッシュに偶然成功してこっちが驚きました。狙ってなかったのに。まあ、やられた方がびっくりでしょうけども。これらの必殺技を得意とされる方は、くれぐれもご注意を(なんてね)。
それから、サーモンランの難易度調整も、なかなか良さげです。とくに、空中に退避してもやられるナイスダマの仕様は厳しすぎると思っていましたから。
フェス周り。トリカラバトルからトリカラマッチに変更と。攻防いずれやらはランダム化。
2回のフェスで、一度も攻撃側をやったことがないので歓迎します。防御側が難しすぎるので(特に、前回のポケモンコラボの時は!)、なんらかの救済は欲しいなと思っていましたから。
さて、フェス周りで特に書いていなかったのですが。
フェス期間中に、ロビーから出てすぐ左のローカル対戦だけができる建物に入って、すぐに退出すると、街の様子がフェスではなく平日に戻ってしまうバグ(またロビーに入るとスケジュール更新が起きて直るんですけどね)。これは対策されたのかな。ゲーム本編には支障がないのですが気になっています。
ともあれ、新しい世界を歓迎します。どうなるかな?

ドッペルゲンガー・ドメイン問題

フィッシング詐欺で、本当のURLそっくりさんのURLで詐欺サイトを作って個人情報やアカウント情報(IDやパスワード)を搾取する方法はよく知られるようになってきましたが。
本当のメールアドレスそっくりさんのドメインで誰かのメールが送りつけられるのを待つ手法もあるとは。
これで取得したメールを分析すれば、いろんな人の個人メールアドレスを取得できたり、ある程度の人間関係が分かっちゃったりするかもしれません。
自分がやらかしてないかの確認は、過去のメールをgmailそっくりのドメインをキーワードに検索すればある程度は把握できるかもしれません。
メールは打ち間違いで簡単に情報が流出するので(よくあるのがCCとBCCの間違い)。当たり前ですが、送る前にしっかり確認する必要があります。
仕事では外部に送るときはダブルチェックしている現場も多いかもしれませんが、個人では自分しか頼れませんからねぇ。
それから、自分が被害に遭わない対策を考えていたのですが、ドメインを自分で決められる有料のメールを使うのも手かも知れないなあと。お金は月数百円程度からかかりますし、GmailAppleMicrosoftなどの大手のメールに比べたらWebメールとしての使い勝手が落ちることは多いですが、何しろ自分だけのドメインなので、他と打ち間違えられる心配はないかなと。
さくらインターネットさんとか、ムームードメインさんあたりがわりと昔からあって比較的安いかな。別に回し者ではないですが。
ともあれ、何にしても、注意一秒怪我一生ってやつです。

すばやさ一辺倒ではなかなか厳しい?

スプラトゥーン3。
紆余曲折の末、相当に素早いギアを整えることができました。
スタート時、盤上の誰よりも素早いのはやはりどのルールでもアドバンテージになります。
プロモデラーMGは軽くて広めに連射できるので。相手を倒すよりは撹乱に向いてるなあと。破壊力の大きなブキとまともに正面から当たって勝てることはあんまりないですし、他のFPS/TPSゲームならいざ知らず、スプラトゥーンの場合はキル数ではなく、あくまでも地面をどれくらい塗ったかで決まる所が大きいので(これはナワバリバトルだけではなく、どのルールでもそう。間接的にも塗ってある面積が広ければ広い方が有利な設計)。
狙われる→逃げる→圧倒的な速さで諦めさせる→意外なところを塗る→長く生き残る。
攻略サイトでもあまり載っていない戦術ですし、実際にやっているとみんなキルを狙っているみたいなんですけども。やれることはそればっかりじゃないんですよねぇ。将棋で言えば桂馬とか香車を活かした戦術です。バトルの主役は飛車や角将ばかりじゃないっていう。
ただ、やっぱり手の内が読まれてきているみたいなので(まあ、ギアの組み立て方からしてあからさまなので、狙い目は明らかすぎるかな)。
すばやさだけでは勝てないなー、とは、思い始めているところです。この辺がゲームの面白いところですね。あちらが立てばこちらが立たない。
それはともかく、見た目がエアブラシなので、やっぱりシュールだなあとは思いますけれども。これがどんだけシュールすぎるのか、小学生諸君にはわかるまい……。エアブラシ担いで水鉄砲合戦。なんだか世界堂さんとかがスポンサーに付きそう。人気のブキなのか、フェスの時に味方が全員プロモデラーってことがありましたし。本当にシュールでした。
スポンサーといえば、ゲーム内のギアのブランドさんがスポンサーに付く、という設定のハイレベルな試合が12月から始まるとか。自分はそこまでレベルアップしていませんが。
たしかニンテンドーさんのショップでは、リアルの商品としてゲーム内ブランドの靴箱とか、本当にTシャツとか作ってるみたいでしたし。
プレイヤーの方でもそういうことをされている方はおられて、コントローラーをつけられるブキモデルを作っている方もおられるとか。
これ、商品化したらいいのにと思う反面、自作するから良いのだ、とも思いますね。
こうして見てみると、マリオとはまた別のところで末長く愛されるIPでありそうですね。