これが標準的にして王道の戦い……だったはず?

スプラトゥーン3のサイド・オーダー。ついに標準パレットの最後の一枚、シューターを使う時がやってきました。
おそらくモデルはスプラシューター。標準的にして王道のブキです。スーパーマリオブラザーズシリーズでいうマリオのような。基本中の基本。
シューターにはスプラのすべてがある。
しかし、この標準ブキがとんでもなく化けるのがサイド・オーダー。
最初の方でメイン射程2枚が手に入り、メインショット貫通が入った途端、チャージャーに片足突っ込んでいるような使い心地になりました。それでいて速射性や破壊力などはシューターなのですから。
普通だったら届かないところのヤグラや敵を撃てる!
高いところの敵もサクッと片付け!
破壊力はシューターなので、多少囲まれても打開できる! ノックバックを入れたらもう怖くない!
移動スペシャルが入り、音波ダメージを先に2枚つけてあったこともあり、いまいち当たりにくいウルトラショットからメガホンレーザーに変更。ドローンのレーザーを見つけるつもりだったんですが、本人が撃つことにして。
めちゃくちゃ強くなりました、ええ。
今回、あまりアイテムには頼らない構成になっているのですが、インク管理にさえ気をつければなんとでもなりました。
結果、やはりあっさりとコダコに勝利。
それにしても……コダコ、遊んでもらってうれしいみたいになってないか? まあいいけど。
さて、地上に帰って最後のロッカーキーでガチャリ。
まさかロッカーが……。ちょっとびっくりしました。そうきたかー。
攻略サイトでハチのパレットは特殊だ、とは散々読んだのですが。ハッキングと相性が悪く、カラーチップをたくさん入れたい場合はハッキングを控えめにしなくてはいけない、と。
これは実力を問われるってことですね。今までの経験を踏まえて、最後の景色を見に行きます!

幸運で切り拓け!

スプラトゥーン3、サイド・オーダー。
いよいよ未攻略のパレットも無くなってきました。
標準パレットはあと2つ。ヒメちゃんと4号さん。
最初の最初に手に入ったのに、マニューバーのスライドがどうもコントロールできなくて後回しにしておりました。チャージャーと同じくらい苦手かもしれない。私が使うと両手打ちの単なる短射程シューターみたいになっちゃう。たまにナワバリとかですごくスライドを使いこなしている人を見かけるんですが、本当に尊敬します。
さて、ヒメちゃんのパレットの特徴は、運がとても良いこと。
ラッキーカテゴリのカラーチップが出まくりました。気がついたらパレットの半分はラッキー枠。雑魚敵を倒せばアイテム出し放題。あっというまに回復してサメライドで蹴散らす!
それから、ラッキーなことに、移動スペシャルを5枚入れられました。これさえあれば、サメライドでもなんとかなる。怖いんですけどね、サメに乗る瞬間にスキができるし(ナワバリとかではその瞬間に狩られること多し)、敵に向かっていくリスクはあるし、コントロールを誤るとコースアウトするしで。
ラッキーと移動スペシャル以外にあまり大したカラーチップが出なかったので難儀しましたが、ともかく空中に回避しながら立ち向かい、なんとかクリアしました。なにしろ、オーダ戦ではラッキーコンボ数60は達成しましたからねぇ。バトル中に一瞬見えただけなのでもう少しできてたかも。99コンボが最大らしいですけど。
それにしても自販機運には恵まれなかったな。トリプルトルネードに出会えず…。なんとかなったのでよしとします!
コダコちゃん、かなり投げやりになっていますが、パレットの再設定は回避したいらしい。
イイダお姉様の日記でネリバースはツアー中に寝る間も惜しんで開発したこと、ナマコフォンにセキュリティホールがあったこと、他の人も開発に協力した……などはわかったのですが、決定的なハナシが出てこない。
これはまだコダコを問い詰めるしかないかもしれませんね。

冷静丁寧正確に!

スプラトゥーン3のサイド・オーダー、チャージャー編。
私には慣れないチャージャーですが、コツはAKB48のかつてのチームBさん(だったかな?)のモットーかもしれません。

  • 冷静(熱くなって無闇に乱射しない)
  • 丁寧(ターゲットや自分の周囲の状況を広く把握)
  • 正確(ターゲットを狙ってしっかり撃ち抜く!)

これに気がついたのは、30階踏破後に振り返った今ですけども。
乱射したところで雑魚はなんとか倒せるのですが、インク切れして囲まれます。
周りをしっかり見て退路を把握しないと囲まれます。
ターゲットに当たらないと囲まれます。
というわけで、緑色に染まりまくった(ドローン関係ばっかり)のイイダお姉様のパレットとは異なり、ホタルさんのパレットはメインのインク効率や回復などを重視しての紫色の大人っぽいパレットに仕上がりました。
ドローンの仕事はトルネードを2枚だけ。
それでも早めのチャージ、狙って一発、手の届かないところはトルネード、トラップを置いて敵に囲まれないようにするとやっていたら、以前どうにもならなかった8の字で2箇所ガチエリアがあるステージもなんとかクリアでできました。
あのステージは、ガチエリアを守る前に敵の発生源を叩く方が先だった。やたらとエリアを守ろうとばかりしていたから前回は失敗したんですね。
終盤ではカラーチップの空きがなくなり、ネリコインが結構余って、やたらとシンジュを買い込むことに。
余裕を持って最上階へ。
ところで、試合前に。
ふと気がついて会場にあるモニターをしげしげと見てみました。
前までは美味しそうな朝食シリアルを食べるCMに挟まってイイダの様子が写っていた(いつ取ったのか?)のですが。
今回はイイダお姉様の隠し撮りみたいな映像ばかりで、CMっぽいものは入らず。
なんらかの意図を感じます。
向こう岸には、開き直ったコダコちゃん。
自分史上最速ペースで撃破!
でも、こっちがなんら強化してなかったら絶対苦戦しているでしょうね。
本当は強いのは知っていますからね。
残りのパレットはヒメちゃんと4号。
うーむ、ヒメちゃんが先かな! なんとなく、ストーリー的に。

イイダしっぺ氏のすさまじいパレット

……ラブラブなのもイイかげんにせいっ!
スプラトゥーン3のサイド・オーダー。今回はイイダお姉様のパレット……つまり、まあ、傘、なのですが。
パージロック、傘を開きっぱなしで押していけるのは便利だなあ。ははは、傘すごいね。
って、乾いた乾燥、ちがう、感想をもらしたくなるようなパレットに仕上がってしまいました……。

  • ドローンメガホンレーザー、5枚
  • ドローントルネード、5枚
  • ドローンアイテム、3枚
  • 時間ドローンゲージ、4枚
  • 撃破ドローンゲージ、2枚
  • 移動ドローンゲージ、1枚

あとはパージロック、イカ速などなどの補助的なものがいくらかというところ。
もうほとんど主人公は仕事をせずとも、ヒメちゃんが頑張ればほとんどのステージをクリアできるという。
イイダお姉様、どれだけヒメちゃんのことが好きなのさ。そりゃこんだけ色々あれば、センパイがカッコよくレーザーを撃ったりトルネードを起こしたりしてカッコいいところ見放題だけれども!
でもってそういうカラーチップを選んだのは自分だけども!
いやあ、めちゃくちゃラクさせてもらってしまった。
この塔を作った、冒険のイイダしっぺはイイダお姉様ですね。故に愛が暴走してしまったのかも。百合すぎるだろ。
さて、コダコはというと、みんなのためにやってたことはホントにコダコがやりたいことなの? というようなことをヒメちゃんに問われて悩んでいる様子でした。
これはなかなか深い質問ですね。
次は…ホタルさんのチャージャーにします。予定変更です。難しい武器は最後にしようと思っていましたが、スペシャルをよくみたらトリプルトルネード! 
サブはトラップですし、この組み合わせならなんとか突破できるかも。

マンタロー氏の得意ブキ判明? そしてスプラ3でドラクエ3を再現する(ちょっと違う)

スプラトゥーン3のすりみ連合のお三方で、フウカさんのトライストリンガーやウツホさんのジムワイパーは割と得意ブキとして判明が早かったのですが、マンタローくんだけはいろんな説がありました。
バンカラジオのなかで、ゴンズイ地区攻略の話になったとき、弓を推すフウカさん、ワイパーがいいというウツホさんに対して、スロッシャーで高いところからバシャバシャやると楽しいとマンタローは語っていましたが。
他の回ではホクサイのようなフデを推していたりもありました。
それに、ゲーム全般的なアドバイスとして「いろんなブキをつかってみるといいかも!」と言っていました。実のところ、スプラではこれは金言です。
サイド・オーダーやバイトでは色んなブキを使わされますね。
それに、バトルの時は自分がスプラシューターが得意だとしても、他の人が使うリッター4Kの超長射程とも渡りあわなきゃいけない。となると、自分でも使ってみた方がその長所(射程の長さ)と短所(小回りが効かない)を実感できます。
そんなことがあり、マンタローはなんのブキが一番好きなのか不明になっていましたが。
魂を模ったパレットにより、スロッシャー使いだと判明。
トライストリンガー、ジムワイパー、オーバースロッシャー。これに主人公のスプラシューターを加えたとしたら。相手にしたらなかなか手強い構成だと思います。前線をジムワイパーやスプラシューターが華麗に素早く詰めてくる。中盤をスプラIQの高いオーバースロッシャー使いが堅実に埋めて塗りを進める。仮にワイパーやシューターを突破したとしても、スロッシャーは壁を越えた向こう側からも塗れますし、正面から対しても一撃必殺。かなり手強いでしょう。
そして最後方からは冷静なトライストリンガー。タメにタメた1発で遠目からでも狩られそう。また結構、自陣塗りもできます。
すりみ連合はバランスが取れた良いチームですね。
敵に回したくないなー。
さて、そんなお三方の中でいちばんの良識派、マンタロー。
彼のブキ、スロッシャーを引き継いで秩序の塔にチャレンジ。
今回は早めからドローン関係のチップが集まりました。5階までに下記が揃ってしまった。

  • スペシャル増加量
  • ドローントルネード
  • 撃破ドローンゲージ
  • ドローンメガホンレーザー
  • ドローンアイテム

トルネード、レーザー、アイテム。この3つが揃うと強いです。短射程、長射程、回復の機能ですから。ドラクエでいう戦士、魔法使い、僧侶の3人分の仕事を1人でこなしているようなものですよ。びっくりしました。主人公を加えれば勇者、戦士、僧侶、魔法使いとなり、王道中の王道です。
敵撃破でゲージが溜まり更なる一撃に繋がるし、おまけにスロッシャーは初期装備がサブがキューバンボム、スペシャルがトリプルトルネードです。
これは踏破できないわけがない構成。ただ、メインが小回りが効きづらい一発ブキなので、インク管理には気をつけないといけません。
このあとは時間ドローゲージやインク効率(メイン)なども集まってきて、ドローメガホンレーザーは最終的にコンプ。ドローントルネードは2枚、ドローンアイテムは4枚。
ヒメさまにはアタマが上がらない構成に…。そのため、ドローン封じの部屋では難儀しましたが、それまでの間に移動スペシャルなども見つけていたのでなんとか突破。29階をフロアリセットで自販機にできたので回復も充分、最後にノックバック2枚も買い足し、1回は復活できるだけの残高も確保。
1枚ずつとはいえヒト速、イカ速も入りましたから、最低限の機動性をもってオーダ戦に入れました。
この構成で勝てないわけがなく。何度も敵に殺到されながらもドローンレーザーやトリプルトルネードで突破。そんなに時間をかけずに過去最高のスコアでクリア! 今回は解ける自信もあったのでハイリスクハイリターンを有効にしていました。1.1倍とはいえ、おまけがつくのは嬉しいものです。
マンタロー、やったよ!
ハックが進んで結構自信がついてきました。
これでまだ、4号のパレットが残っていますからねぇ。
他のはヒメちゃん、イイダお姉様、ホタルさん。このチャージャーは最後にするつもりです。
チャージャーは扱いがいちばん難しいので、できるだけハックを進めてからと思うので。とはいえ、コンプが見えてきました。ゴクリ……。

三月のはじまり

スプラトゥーン3。すっかり秩序の街にハマり込んでしまいましたが、世間では新シーズンが始まりました。
まずはナワバリなどでカジキ空港のステージに行ける、と。
飛行機は観ているだけで楽しいですね。そしてこのステージは、飛行機みたいに飛ぶワケではありませんけど、プロペラを回して移動できる台があります。上手く使えば不意打ちできそう。ジャンプビーコンをこっそり置いておくのも面白いかもしれません。
それから、サーモンランでは「どんぴこ闘技場」という新ステージ。中央に台があり、そこが基本的なコンテナ設置場所になります。インクレールが何本も走っていたり、金網の足場があったりしてなかなかにトリッキー。ただ、その分、シャケも自分たちも回り道をさせられるわけで、立ち回りが重要。中央の台への壁を早めに塗っておくのはポイントの一つになりそうです。また、インクレールは単に移動ルートなだけでなく、ジャンプする足場になったり回復場所にも使えるので、色々やりがいがありそうです。
今回、このステージを試してみたらなかなかの好成績。5連勝して一度も負けることなく1200ポイントを達成してしまいました。かなり周りの方にお助けいただきましたね。
それからブキがたくさん増えました。
サイド・オーダーでも基本的なブキのレプリカをたくさんもらえましたし。それを合わせたらすごい数。
リッターの改造型2種がジャンプビーコンとテイオウイカという玄人好みな構成になっていて、今後のゲームチェンジャーになるかもしれません。
また、今までなかった和傘のブキがなかなかオシャレですね。24式張替傘。和風のギアと合わせてみたいところ。でも何が24なのかな。画面写真で数えたら骨は28本だったみたいなんですが。実際の傘としては丈夫な本数です。早めのパージは好みが分かれそうです。
とまあ、まずはそんな感じで新シーズンが開幕しました。これからが楽しみですね。

オーダコ戦のオーダー効果?

スプラトゥーン3、まだまだサイドオーダー道は続きますが……。ここでいったん、久しぶりのバイトに行ってみました。
下界に降りる(?)のも数日ぶりかもしれません。色鮮やかなハイカラの街もまぶしく、クマサンのもとへ。
しばらくぶりでバイトのコツとか忘れていたらどうしよう……というのは杞憂でした。
むしろ、前よりも周りが見えるようになった気がする!
1回のバイトでメンバー7回救出して本人は被キル数ゼロとか、よほど調子がよくなきゃ、今までなかったんですけど。
一応、達人+1ランクなので、難易度は高くはないですが低くはない。慣れた人でも油断したらやられるくらいです。
やっぱり、サイドオーダー効果かなぁ。散々取り囲まれて打開してとか、ボールやゴールを見失って敵を倒しながら探したりとか、視野を広く持たないとどうにもならない局面をなんとかしてきましたから。あっちを対策したらこっちをやる。その間にあそこをどうにか、みたいな。
こんなにバイトに余裕を感じるのは初めてかもしれない。
流石にタツには一歩及びませんでしたが。あの時間制限さえなければ勝てていただろう流れは作れましたけどね。サイド・オーダーは時間制限がないので…。そこは反省点。粘り勝ち作戦はバイトでは使えない。
ともかく、やってよかったサイド・オーダー。すごく視野が鍛えられたので、オーダには少し感謝したいかも?(やっぱりさっさと真相を話して欲しいですけど!)