岩泉舞先生の短編集、完全版で復刊!

全っ然、別件で小学館のコミックス検索をしていたら、岩泉舞先生のあの短編集が最近復刊したって引っかかってきました。

たしか、赤石路代先生の近刊リストをふむふむ読んでいたら、関連作品的に拾った……ような。
ところで、岩泉舞先生ってどなたっということで、一応説明。
1989年から1993年ごろの週刊少年ジャンプ、およびジャンプの増刊号で時々読み切りが掲載されていた作家さんです。
この頃といえば、ジャンプ黄金時代! ダイの大冒険幽☆遊☆白書スラムダンクドラゴンボール電影少女……あたりが同世代。
このような名作長期連載で売り上げを伸ばしつつ、育成の少年ジャンプなので、新人さんの読み切りも時々載っていたわけです。それが作家さんごとにコミックス1巻分くらい溜まると、コミックス化することもしばしば。もちろん、そんなに溜まる前に消えてしまう作家さん、あるいは新連載にこぎ着ける作家さん、色々あったわけですが。
新連載が始められた作家さんの場合、その作品のコミックスを出すときに昔の読み切りも入れることがあります。読み切りで描いてみて読者の支持が得られた作品を練り直して連載にすることも多いのです。端的な例は『キャプテン翼』。実はまだまだ現役で続いているんですが(今は架空の五輪がスペインで開催中という設定で、金メダルを目指して闘っていますね)。あれのプロトタイプは高橋陽一先生のデビュー作(タイトル同じ)なのですよ。主人公は大空……ではなく、翼太郎くん、という。
ともかく、メガヒット作だけでなく、いろんな作品でわれわれ読者を楽しませてくれたのが当時のジャンプのもうひとつの側面なんですよね。本当にあの頃は、巻頭から巻末まで、読切も楽しかったです。とはいえ少年誌なので、少ーしばかり、生理的に受け付けない作品とかはありましたけど……まあ、それはそれで、好みだと思いますので。
そんな、ジャンプが咲かせた花々のひとつが岩泉舞先生の作品群。当時出版されたコミックスは、これ一冊しか出しておられない漫画家個人の読み切り集としては異例の重版を重ねたようです。
私も持っていました。ジャンプには珍しい、ジュブナイルファンタジーのような優しい作品群。一つ一つが個性的で、何度も読み返しました。なのでこの作家さんの作品はこの一冊だけなのに、何冊も持っているような気分でした。
そうそう、コミックス自体の存在感がすごかったんですよね。ほかよりぐっと分厚くて。通常、当時のジャンプコミックスは180ページで1冊というところでしたが、本作は210ページ強!
それでも当時、増刊号の予告に出ていた武論尊先生原作の作品やCOM COPの続編などは載っておらず、読みたくて仕方がなかった……。
かつての絶版本を電子書籍で復刊する『マンガ図書館Z』に掲載されたのを見つけた時は小躍りしました。
当時のコミックスの電子化なので、あの読めなかった作品は無いんですが、それでも懐かしくて。
そしてそして、今日。ほんの偶然から紙としても復刊、しかも未収録作品と新作まであると知ったわけで。
とりあえずダウンロード購入!
やっぱり暖かいなあと。そして、未収録作品群も新作も素晴らしかった。
絵柄が少しずつ変わっているのがまたよし。
ちなみに、私は『たとえ火の中…』は雑誌掲載時に読んでいるんですよ。たしかカラー扉裏面になる2ページ目は、黒ではなく青で印刷されていたはずです。珍しかったので覚えています。
旧作の絵柄は今見るとやや古めですが、新作はかなり現代の絵柄に。それでも空気感はやっぱりあの岩泉舞で。不思議な読後感でした。
彼女の作品を読んだことがない人も、一度読んでみて欲しいです。とりあえず、マンガ図書館Zでは無料で読めますので。COM COPの三作目などが気になったら購入を!
ウン度目の緊急事態宣言でうんざりしていた気分も吹っ飛ぶビッグニュースでした。生きててよかった!