映画

音楽映画『マチネの終わりに』を見てきました

毎月1日は映画の日でチケットが安い。やっぱり音楽映画っていいなというのがあり、公開日でもある『マチネの終わりに』を週末の楽しみに観てきました。クラシックギタリストの男性とジャーナリストの女性の恋物語…出来るだけネタバレを控えめに書きます。 年…

千尋とカオナシの就活

昨日、金曜ロードショーでまた『千と千尋』をやっていた。 この映画、最初の方では千尋の声優さんが正直かなりぎこちなかったけども、中盤(オクサレ様だと思われていた川の神様を助けるあたりかな)役をつかんだのか、上手くなっていくあたりがすきなところ…

天気の子

映画『天気の子』を観てきた。 最近の異常気象をヒントに制作されたということで、もしも東京が数十日連続の降雨に見舞われ、それを晴らすチカラのある少女がいたら…という映画だ。 新宿をはじめとする都市のディテールについてはくどいくらいに細かく描写さ…

とんでもない埼玉!

一度は見ておかねばならない謎の使命感のもと、『翔んで埼玉』の映画版を見てきました。ようやく。他のお客さんのリアクションも面白かった。 元はといえば、『パタリロ!』で有名な魔夜峰央先生が若かりし頃に書かれた3回分の短編連載。 新潟から所沢へ引っ…

映画版『キングダム』

映画版『キングダム』を誘われてみてきました。 詳しい配役やあらすじ、予告編などは公式さんに頼っちゃうこととして。 https://kingdom-the-movie.jp/sp/index.html漫画はそれなりに読んでいる方ですが、本作は未読未見。当日に思い立った人に誘われていっ…

楽器グリーティング切手が素敵すぎる

楽器シリーズ 第1集 | ゆうびん.jp https://yu-bin.jp/kitte/0115/ 郵便局だけに優美な切手がまた出ました。 吹奏楽・管弦楽好きにはたまらない感じ。 ハープ、ピッコロ&フルート、チェロにファゴット、そしてトロンボーンですわよ。 目の付け所がシャープ…

『るろうに剣心・伝説の最期編』

先月の前作から楽しみにしておりました。 大作にして、上下編。 もともと、リアルタイムで連載を途中まで読んでいたこともありますし。 剣劇に関しては文句無く面白かったです。 もともと私は、あまりアクション映画は得意ではないのですが、本作は別! それ…

イントゥ・ザ・ストーム(Into the Storm)

本作に関してはネタバレも何も無いような。 ここ10年くらい……でしょうか。史上最大の災害、というものが日本各地で起こるようになって来たのは。 アメリカでも同じなのでしょうか? 本作は、史上最大の竜巻を描いたパニック映画。 最近、現実に竜巻、大雨な…

宇宙兄弟#0

宇宙を目指す漫画&アニメ、というと、自分の中では『ふたつのスピカ』が印象的。 本作は予備知識ゼロで観てきました。 タイトルだけ聞いたことがある、的な。小さい頃の夢をそのまま大人になっても抱き続ける事が出来るヒトは、それだけですごい人だと思う…

クィーン・オブ・ベルサイユ〜大富豪の華麗なる転落

個人邸宅としては米国国内最大の、ベルサイユ宮殿を模した大邸宅を建設していたある富豪が、リーマンショックにより転落して行くというドキュメンタリー映画。 本来はすごい豪邸が出来るところの記録映画のようなものを考えていたそうですが、予期せぬ出来事…

パガニーニ〜愛と狂気のヴァイオリニスト

稀代のヴァイオリニスト、パガニーニの伝記映画。 この種の音楽伝記映画を観ると、ついつい『アマデウス』と比較してしまう……。 パガニーニってあんな無茶苦茶な人だったんですかねえ……。 イタリアでブレイクした過程に、もう少し説得力が欲しかった気がしま…

思い出のマーニー

ジブリ映画をシアターで観るのは久しぶりでした。 不思議な少女マーニーとの友情……親友が何よりも大事だった頃を思い出さされました。 さすがはジブリで、背景グラフィックの綺麗さは映画館だからより良く分かりましたし。 本当に、思春期の頃って、人とのや…

ドラえもん(3D)

立体CGドラえもんはどんな感じか? ということで3Dで観てきました。 結論から言えば、3Dに酔わない人なら3Dバージョンがおススメ。 野球のシーンでのボールの飛び出し感、タケコプターシーンの迫力が全然違うはず。 細かい所までしっかり作り込んでありまし…

るろうに剣心

京都編を映画化するということで……久しぶりに映画館で映画、剣心を見てきました。子どもの頃に連載を序盤から中盤くらいまで見ていましたし、最近はGyao!で配信もされています。何となく連載第1回のカラーページを覚えていますので。また変わった連載が始ま…

Q、フワフワ感想

昨日、映画を見た影響で、いくつかのファンサイトとかで、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」考察を読んでみたり。 初日に買ったパンフを読んでみたり。 ちょっと思ったことを書いておく。 リツコの『決別』 断髪したリツコさん。初見では彼女だと最後まで分か…

もう一度、Q。

平日ですがたまたまお休みを頂いたので、新宿バルト9で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観て参りました。2回目の鑑賞です。 さすがに公開日のような混雑ぶりはありませんでしたが、それでも半分強くらいの客入りはさすが。それから、入場特典で宛名面がス…

「見た目問題」総合情報誌『マイ・フェイス』で、声優:宮村優子さんのインタビュー記事掲載、とのこと

ヱヴァンゲリヲンQのアスカがすごかったことについて、から……。映画に関しては、ほとんどネタバレなしで書き始めたいと思います。 今日、観に行った訳ではないんです。 ただ、アスカ役・宮村優子さんの演技がものすごく迫力があったのが、初日に観に行って1…

エヴァンゲリオンQ

チケット予約の埋まりぶりが本当に壮絶だったエヴァQ。 まあ、何とか見てこられました。 最前席中央という、勇気のいる特等席は、遮るモノがなく、劇空間に入り込める感じでした。 ネタバレを避けて書くのは難しいなあ……。 「続きを読む」記法を入れておきま…

安井算哲の熱い人生『天地明察』

本日はレディースディ。おまけに、シゴトもお休み。というわけで、久しぶりに映画を見てきました。 前々から見たかった『天地明察』。江戸時代の天文学者・安井算哲(のちの渋川春海)の物語。被災地・福島県出身の偉人でもあります。 江戸時代の天文学。聞…

『逆転裁判』を映画で楽しむ

レディース・ディ。つまり、水曜日は映画鑑賞が安いのです。 ダンディー・ディも作ればいいのにね。さて、そんなわけで『逆転裁判』の映画版を見て参りました。 ゲームではさんざん楽しませていただいて、すっかりおなじみのあの世界。映画となるといろいろ…

あの、『ヱヴァンゲリヲン』について思うこと

自分は要らない子供だ。 仮に『あること』ができなかったら、自分は不要な人間になってしまう。 他人に嫌われたくない。それくらいなら自分が死んだ方がいい。 そんな思いを抱えていた10代の頃と、今がつながっていることを思い知らされる作品だから、あまり…

Gyao!で旧版『エヴァ』配信中&『新劇場版』のヱヴァQサイトが更新されていた

今、Yahoo!のGyao!でエヴァ(TVで放送していた方)を見られるんですね。 新世紀エヴァンゲリオン[B-ch] http://gyao.yahoo.co.jp/p/00066/v12381/ 放送当時は見ていませんでしたが、こうして配信される機会があると見られるわけで。インターネットの便利の一…

破!

ここ数日、レンタルDVDという楽しみができました。この間はヱヴァンゲリオンの序、昨日は破を借りてきました。レンタル開始されたばかりの破は、在庫の15本すべて出払っていて、店員さんに聞いたらちょうど今返ってきたところだというのを借りられました。す…

『かいじゅうたちのいるところ』と『七つの海』

goo映画: Movie × Travel — 旅のような映画 映画のような旅 ちょっといろいろあってイライラして目覚めた日曜日。メール友達に勧められて、この映画を見てきました。 ちなみに、原作は絵本だそうで……。こちらは未見です。かいじゅうたちのいるところ作者: モ…

ノーモア・映画ドロボー・イン・ブラス!?

これをやったアクターはトロンボーン吹きに違いないっ! ……経験則では、トロンボーン吹きには変な人が多いから……(ホメてます)。熱演にウケました。 っていうか。不審な人物はアナタだっ! 元ネタは、劇場での映画の上映前にやっている、あのCMですね。 htt…

裁判員制度の広報映画 『審理』を借りてみた

図書館からだいぶ前に予約した資料が借りられるとの連絡。さっそく借りてきた。 その資料とは……裁判員制度の広報映画 『審理』のVHS。 酒井法子さんが主演しており、原田昌樹監督はこの作品を最後に亡くなられている。監督は病気を押しての撮影だったとも言…

残り何人?

ヱヴァの謎を何となく考えていました。 ネタバレ防止に改行多量にします。

雑多に見えて秩序立つ世の中で、自分には何ができるだろう?

ヱヴァの中で、秩序と混沌に関して、碇指令と冬月副指令が会話を交わすシーンがある。 混沌としているように見えて、人間社会は秩序だっているのかもしれない。 朝になれば、組織によって決められた時間に間に合うように出勤する。 そして、組織によって決め…

3回目のヱヴァ・破

いい加減自分でもしつこいかな〜、とか思いつつ、3回目を見てきてしまいました。やっぱり、面白いわ。 で、今回の収穫は、オリジナルグッズがそれなりに入荷していたこと。特に、前の2回では買いたくても買えなかった「eva EXTRA 04」と映画公式パンフレッ…

おどろき盤って面白そう。

今年の作品展に出した「連作『ぱらころ』」ですが、あれを知ったのは今年の「ねりまこどもまつり」で「NPO法人 アニメーションミュージアムの会」が配布していた「おどろき盤」という紙盤でした。 たまたま、遊びに行ったらやっていた、という感じだったので…